スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/31 競馬予想

□福島11R 飯坂温泉特別

・単勝⑬ 3,000円

・馬単1着ながし
軸⑬
相手②④⑥⑩⑫⑮
各500円
計3,000円

・馬単2着ながし
軸⑬
相手②④⑥⑩⑫⑮
各300円
計1,800円
[合計7,800円]

□京都10R 八坂特別

・複勝⑩ 700円

・3連複1頭軸ながし
軸⑩
相手①②④⑤⑫⑬
各100円
計1,500円
[合計2,200円]

【総合計10,000円】
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

10/31 昨日のNYの動き

私は、昨日のブロマガ「10/30 15時時点の私の見解」の中で、「今夜のNYは大きく動くと思われる。」旨を記載した。

ただ、この時点では、しっかりとした方向性がまだ見えなかったこともあり、「買い」目線でいたが、どちらに動くかは決め手に欠け、予測不可能である旨も記載している。

しかしながら、夕場の引けまでには、「売り」を確信して、「売り」でのポジションを持った。

一時、前日比270ドル↓まで下落したNYダウは、私の予想を超えるほどの動きであった。

終値は、NYダウ249ドル↓、ナスダック52ドル↓で、この目まぐるしい変化に、今後もついていくには心の鍛錬が非常に重要であろう。

今週は、最大の国債入札があったために、それを無難に乗り切るために、少し無理な株の買い支えがあったのであろうか、入札が無事に終わってイッキ!という形なのではなかろうかと思っている。

それに加えて、ゴールドマンサックスのGDP絡みの思惑が絡み、株価は大きく上がったり下がったりと、著しい混乱の様相を呈していた。

混乱中、私は、あまり手を出すことなく静観が多かったのであるが、日々の上昇、下落は驚くほど全て読みどおりに推移していた。

もし、ポジションを全て持っていたら、かなりの額を稼げたと思うのであるが、後付でそのような事を申し上げてもあまり意味がないことは、良く解っている(この件につき、新サービスを「ブロマガ」にて来週の月曜から開始予定です。末尾に詳細を記載いたしますので、興味があればご覧になってください。)。

今になって考えてみると、国債入札が終了した時点で無理をしすぎた株価の大きな巻き戻しが来るのは、当然に予測しなければならないことであったのかもしれない。

問題は、その巻き戻しが、すぐに一気に現れるのか、多少時間をおいて一気に、或いは序序に現れるのか。

結果として、すぐに一気に現れたということなのであろう。

昨日の米国は、悪材料だらけの一日であったことに加え、コモデティも大幅安。

為替も90円を割れてしまうなど、悪い膿が一気に噴出したような一日であった。


ブロマガ新サービスについて

現在、ブロマガでは

1.9時半時点の私の見解・・・その日の日経のザラ場の予測(9時半前後に掲載)
2.15時時点の私の見解・・・その日の15時時点におけるオーバーナイトの予想(15時前後に掲載)
3.本日のオーバーナイトポジション・・・その日私がオーバーナイトで取ったオフェンシブ、デフェンシブ両ポジション(20時過ぎに掲載)

という3つのコンテンツを掲載しております。

私が、実際は「見送り」としていても「売り」或いは「買い」の目線というのは依然として存在しており、その目線についても「本日のオーバーナイトポジション」の中で掲載して行こうというのが、新サービスの概要です。
この「目線」は、言うならば現在のオフェンシブより更に攻撃的な「オフェンシブ+」とでも表現すべきものでしょうか。
月曜から、今までのオフェンシブ、デフェンシブに加え、この「オフェンシブ+」についても掲載して行きますので、ブロマガ読者様の何らかの参考になれば幸いです。

ブロマガの詳細については、コチラまで。

また、現在、ブロマガ掲載の「本日のオーバーナイトポジション」に基づき、CFDで実際に検証をしてくださっている「ごんのシストレ日記」もご覧になってください。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/30 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/30 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/30 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/30 昨日のポジションとNYの動き

オフェンシブ・・・見送り

デフェンシブ・・・見送り


前日の米市場と日本市場を見る限り、15時時点では、まだ下がると考えていたが、夕場になって雲行きが変わってきた。

下げ止まり気運がでて、上昇に転じる気配さえ感じて来たので、「売り」を「見送り」に切り替えた。

しかし、「買い」までに達することができず、残念に思っている。

そしてNY株式市場は見事切り替えしてきた。

ダウは199ドル↑、ナスダックは37ドル↑まで達し取引終了した。

11月の最終日であっただけに有終の美を飾りたかったことも事実である亜g、オフェンシブをマイナスにさせたくなかったことも事実で、今月1ヶ月を通して私の弱気がかなり成績の足を引っ張ったように思える。

このような時は、私の場合、気持ちを切り替える必要性があり、月が替わるこのタイミングで、切り替えを行えるよう、頑張っている。

さて、何と言ってもNY市場を大転換させたのは、GDP速報値。

市場予想を上回ったプラス成長で、輸出入の大幅伸びや企業利益の持続的な回復への期待などが高く評価され、株価上昇に繋がったようである。

しかし、一方では政府の刺激策(自動車買換え、住宅購入税額控除)が大きく寄与したもので、実質的なものとはかなりかけ離れているとの意見もあり、今後の政府刺激策の薄れ、労働市場回復遅れなどから、厳しい展開となるという意見も囁かれているようである。

また、株高により昨日の債券市場は売りが先行し、利回りが上昇したため、7年債の入札は不調に終わったようである。

FRBはこの入札をもって3000億ドルの国債買い入れプログラムの完了を発表した。

話は、変わるが、前々日、ゴールドマンサックスはGDPの見通し引き下げを発表し、株を大きく下げる原因を作った。

しかしながら、昨日のGDP発表においては、好結果の発表となり、株は大きく上げた。

ゴールドマンサックスの見通し引き下げで悲観的な見方が市場に蔓延していただけに昨日のGDP好結果発表は、倍以上に匹敵する威力だったと思われる。

かわいそうなのは、記事をまともに信じ、素直な行動をとる一般投資家である。

一昨日の下げと昨日の上げを往復で取り、「シメシメ」とほくそ笑んでいるのは、ホンの一部の集団である。

これでは、まともに株を取引しても、儲かるわけが無い。

お金は情報を持っている一部の人間に独占されているといういい例だと思う。

私は、ゴールドマンサックスの一昨日のGDP見通しの悪い発表は綿密に計算された、昨日の株価上げまでを想定したシナリオの一部であったとしか見えない。

私は、一昨日のゴールドマンサックスの発表に胡散臭さを感じたのではあるが、その胡散臭さに対して、ノーアクションで通してしまった。

私の課題は、以前からほとんど変わっていないが、メンタル面の強化である。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/29 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/29 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/29 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/29 昨日のポジションとNYの動き

オフェンシブ・・・見送り

デフェンシブ・・・見送り


昨日のポジションは、15時の時点から「売り」目線でおり、その後も、デフェンシブは、見送るとしても、オフェンシブは、20時直前まで「売り」ポジションを決めていた。

しかし、夕場の終了間際、日経先物が急落し、10000円を割ってしまった。

NYダウが下がる可能性は、ほぼ9割と読んでいたが、日経がここまで下げると中途半端なNYダウの下げでは、明日はGUしてしまう可能性があり、20時5分前にオフェンシブも見送りとしてしまった。

実は、昨日のブロマガ(10/28本日のオーバーナイトポジション)では、当初オフェンシブを「売り」として掲載してしまいまった。

これは、上記の如く突然の意思決定変更のための混乱によるものでした。大変ご迷惑をおかけいたしました。

今後は、このような事をおこさないよう、留意いたしますので、ブロマガ会員の方には、お許しいただきたくお願い申し上げます。

さて、思い通りNYは下げた。

ダウは119ドル↓、ナスダック56ドル↓で終了した。

ダウの下落はともかくとして、ナスダックの下落は、率にすると2.67%の下落であり、私はショックを受けた。

下げるとは思っていたが、ここまで下落するとは思っていなかったからである。

もし、ナスダックの下落が、ダウの下落と同水準での下落であれば、CMEの終値は、おそらく夕場の引値とほぼ同値であったと思われる。

CMEがここまで下げたのは、ナスダック下落の影響が大きい。

経済指標は、耐久財受注はプラスだったようであるが、週間住宅ローン申請数や新築住宅販売数は、いずれもマイナス。

予想ではいずれも増加であったため、住宅市場は、相当危険な香りがする。

これで、住宅取得関連の減税措置が、終了したら、かなりヤバイであろう。

又、ゴールドマンサックスの突如の発表が下げの大きな要因となったようである。

ゴールドマンサックスは、GDPの見通し引き下げを示した。

これでは株価は下がる一方で仕方がなかろう。

しかしながら、5年債の国債入札は株式市場の混乱をよそ目に無事通過したようである。

株価の大幅安が債券長期ゾーンの買いに繋がったという見方がなされているようであるが、実際のところはどうなのであろうか。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/28 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/28 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/28 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/28 結果

【オフェンシブ】
10/27  ES引け値 10230 × 売り2枚
10/28  寄付き    10190  @+40円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 -------------------------------
  10/02 ▼   ○  +220
  10/05 ▼   -    
  10/06 ▼   ○  + 30
  10/07 △   ○  + 20
  10/08 ▼   ●       -130
  10/14 ▼   ●       - 60
  10/15 △   ○  + 90
  10/16 △   〇  + 10
  10/19 ▼   ―   ―
  10/21 ▼   ●       - 50
  10/26 ▼   ●       - 90
  10/28 ▼   〇  + 40
 -------------------------------
  合計         +410  -330

10月の成績 6勝4敗 +160円
  (1枚当たり損益  +80円)


【デフェンシブ】
10/27  ES引け値  -円 売り×2枚 
10/28  寄付き    -円 @-円    

        予想 結果 勝ち   負け (単位:円)
 -------------------------------
  10/02 ▼  ○  +160
  10/05 -  -
  10/06 -  -
  10/07 △  ○  + 10
  10/08 ▼  ●       -120
  10/14 -  -
  10/15 △  ○  +130
  10/16 -  -
  10/19 ▼  〇  +100
  10/21 -  -
  10/26 ▼  〇  + 10
  10/28 -  -
 -------------------------------
  合計         +410  -120

10月の成績 5勝1敗 +580円
   (1枚当たり損益 +290円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 +370円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/28 昨日のポジションとNYの動き

ダウが上がりナスが下がる。

奇妙な現象であるが、たまに現れることがある。

しかしながら、昨日は、終値でダウ14ドル↑(+0.14%)、ナスダック25ドル↓(-1.2%)と割合で見ると滅多に見ることのできないアンバランスな状態となった。

私は、この現象に今週始まった大型国債入札成功のための思惑が深く関わっているのではなかろうかと踏んでいる。

国債入札自体は、受給の悪化懸念があったようであるが、大きな混乱も無くスムースに推移した模様である。

国債入札は、あと2日あるが、この2日間も無事乗り切りそうな感があるが、狂うのであれば本日であると思われる。

最終日は、何としてでも好調に終わらせるはずである。

米国において国債入札がある時は、株価の変動は小動きであることが多く、昨夜も「売り」目線でいたのであるが、大きな動きは無いと踏み、オフェンシブのみポジションを持った。

一応成功した模様であるが、それよりも昨日から私独自の新手法を導入し、それが功を奏した。

私は、オプションのショート、特にネイキッドでのショートはすべきではないと考えていたが、昨日のようにあまり大きく動かないと予想されるときは、オプションのネイキッドショートをすることを導入してみた。

つまり昨日は、コールをショートしてみたのであるが、「してやったり」の結果となっている。

昨日発表された、消費者信頼感指数は、前月比低下し8ヶ月ぶりの大幅悪化となった。

GDPは少なくとも3%プラス成長が見込まれている中、全くの矛盾した内容で、労働市場と消費の弱さが露呈し、これからの経済見通しに暗雲が立ち込めている。

また、住宅価格動向指数は、4ヶ月連続上昇となったようであるが、11月で住宅取得に関する減税措置が終了するため、今後の動きは明らかに下落に向うであろう。

長期的なトレンドとしては、下向きであることは間違いないが、一直線で下落するわけではないため、どこで反発してくるかを読みつつ、上昇と下落の波を泳ぐ舟の舵を上手く切って行きたい。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/28 本日の決済

オフェンシブ・・・寄付き

デフェンシブ・・・ -

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/27 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/27 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/27 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/27 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

オフェンシブ・・・見送り

デフェンシブ・・・見送り


NY株は大幅続落。

序盤前日比100ドル超の上昇を見せた勢いはどこへやら・・・

結局、そこから200ドル以上を下げ終値は、NYダウ104ドル↓、ナスダック12ドル↓。

これだけのイッキ下げには、かなりのニュースがあるのかと思えばそんなものは見当たらない。

あえて言えば、ドル高と原油、金などが下がったくらいのもの。

また、日本時間の23時半に発表された10月ダラス連銀製造業活動は、予想に比して結果は、物凄い悪かったが発表時点では反応が無かった。

細かいところでは、一部のアナリストによる米有力地銀の投資判断が引き下げられたこともあったようであるが、とても大ニュースとはいえない。

この下げは、前日の109ドル↓と良く似ている下落スタイルで、これで原因不明な大幅下落が2日間続いたことになり、何か不気味な感じを受ける。

5年ものインフレ連動債(TIPS)の入札は、金額も少なかったせいか応札倍率が前回を上回り好調に推移したようであるが、市場の反応はイマイチで、これは本日から3日間に渡って始る超大型入札に伴う市場の需給悪化懸念が根強くあることに他ならない。

2日間連続で100ドル超の下落を見せた米株式市場と、史上最大の国債入札に何らかの因果関係があるのであろうか。

国債入札をできるだけスムースに行いたい政府筋と市場との綱引きの3日間は注目である。

面白いニュースとしては、ロイターが日本経済の見通しについて述べている記事。

つい先日、ロイターが実施した21人のエコノミストから得たアンケート結果によると回復傾向の日本経済であるが、政権交代に伴う公共投資の減少を主因に来年初頭に向って悪化する、短期的な景気の行方は停滞または悪化が何と90%と多く、アンケートに加わったエコノミストのほとんどは株の下落を予想しているのである。

つい先日まで、底打ち、景気回復、好決算を訴えて私の記憶の限りにおいては、ほとんどの専門家は、株上昇を唱えていたのではなかったであろうか。

政権交代などの材料を今頃持ち出されても困る。

民主党が選挙に勝利して最早2ヶ月が経とうとしているところで、突然「公共投資の減少による景気縮小」を唱えられても・・・

今回の21人のエコノミストの氏名公表は一切ないが、もし、このアンケートが真実であれば、実に無責任なみんなで渡れば怖くない発想のいい加減なメンバーによるいい加減なアンケート結果と言わざるを得ない。

今になってわざわざのロイター発表に何か意図でもあるのかと疑いたくなってくる。

しかしこのアンケートは、実に良く出来ていて、結びには一旦落ち込む日本経済も春先には輸出の持ち直し、新政策の子供手当などで回復する見込みを唱えた率が大多数となっている。

要はこれからの日本株は、下がることもあり上がることもあるという結論。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/26 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/26 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/26 結果

【オフェンシブ】
10/23  ES引け値 10290 × 売り2枚
10/26  前場引け  10380  @-90円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 -------------------------------
  10/02 ▼   ○  +220
  10/05 ▼   -    
  10/06 ▼   ○  + 30
  10/07 △   ○  + 20
  10/08 ▼   ●       -130
  10/14 ▼   ●       - 60
  10/15 △   ○  + 90
  10/16 △   〇  + 10
  10/19 ▼   ―   ―
  10/21 ▼   ●       - 50
  10/26 ▼   ●       - 90
 -------------------------------
  合計         +370  -330

10月の成績 5勝4敗 +80円
  (1枚当たり損益  +40円)


【デフェンシブ】
10/23  ES引け値  10290円 売り×2枚 
10/26  寄付き    10280円 @+10円    

        予想 結果 勝ち   負け (単位:円)
 -------------------------------
  10/02 ▼  ○  +160
  10/05 -  -
  10/06 -  -
  10/07 △  ○  + 10
  10/08 ▼  ●       -120
  10/14 -  -
  10/15 △  ○  +130
  10/16 -  -
  10/19 ▼  〇  +100
  10/21 -  -
  10/26 ▼  〇  + 10
 -------------------------------
  合計         +410  -120

10月の成績 5勝1敗 +580円
   (1枚当たり損益 +290円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 +330円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/26 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

10/26 本日の決済

オフェンシブ・・・前場引け

デフェンシブ・・・寄付き

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/25 11月新規会員募集の件

今月の会員募集も基本的に行いません。

ただし、どうしても入会希望の方がいらっしゃれば、右の連絡フォームからご連絡下さい。

明日(10/26)までにご連絡をいただけた方のみ対応いたします。

10/25 競馬予想

□京都11R菊花賞
3連単1頭軸マルチ
軸⑨
相手③⑤⑫⑭⑯⑰⑱
各100円
計12,600円

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

10/24 競馬予想

京都11R室町ステークス

3連単軸2頭マルチ

軸②⑮
相手⑥⑦⑨⑬⑯
各300円
計9000円

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

10/24 昨日のNYの動き

昨夜は、NYダウ109ドル↓、ナスダック10ドル↓となり、「してやったり」と内心「ニンマリ」の私であるが、為替のいたずらで、CMEの日経自体はさほど下がっていない。

NY市場は、前日引け後のアマゾンやトラベラーズの好決算や、日経を除く(笑)世界のほとんどの市場での上昇気運、マイクロソフトの予測値より上に行った決算などに乗せられ、小高くスタートした。

NY寄付き後に、中古住宅販売が好調だったことを受けて、一瞬、暴騰するような動きを見せたのも束の間、悪材料などは特に無いのであるが、得意の「材料出尽くし」から、一転下げに転じ、マイナス転換してしまう。

一時は、150ドル近く下げたこの状況、本当のところは理論的に説明できるはずも無いが、「利益確定売り」だの「材料出尽くし」だのの意味の無い説明に終始する専門家は多い。

きっと多くの専門家は、「解らない」という事が、恥になるとでも考えているのであろうか。

私は、解らない事は「解らない」と言ったほうが、好感や信頼が持てるのであるが、今のところ、私が好感や信頼が持てると思った専門家は皆無である。

ただ、1つ説明できる事は、中古住宅販売の指標が発表された時の動き。

予想より上であった、この指標の発表により、一旦上げる。

しかしながら、これは、米国の政策的な税制である、住宅取得控除の恩恵を受けるための駆け込み需要であると冷静に判断されたのであろう。

この税制は、来月までの時限式の税制であり、この税制が効力を失った後の住宅需要の悲惨な状況を市場参加者が、思い起こしたのであると思われる。

さて、来週の注目は、決算発表だけではない。

実は米国において過去最大の国債入札が実施されるのである。

26日 5年物価連動債 70億ドル、27日 2年祭 440億ドル、28日 5年債 410億ドル、29日 7年債 310億ドル。

この合計1200億ドル超にも及ぶ大量入札を控え、市場の需給が悪化する懸念が広まっているようである。

もしかすると、この国債入札の懸念が、昨日のNYの下落の一端を担いでいる可能性があると思われる。

昨日、株価を少し下げておくことが、国債入札の運営をスムーズにして、市場の混乱を防ぐための手段だったとすれば、物凄いシナリオであると思うが、それは私の考えすぎか。

私は、米国の国債入札がある時期には、相性が悪く、お世辞にもいい勝率であるとは言えないため、来週は特に慎重を期する必要性をヒシヒシと感じているが、攻める時は、キチッと攻め、守るときは、ガシッと守りたいと考えている。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

10/23 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。