スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/30 昨日のポジションとNYの動きなど

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


GDP速報値が前年比5.7%増と6年ぶりの大きな伸びを見せた。

発表後、ダウ先物は急騰、米国債は一段安、ドルは対円で上昇とすさまじく市場が動き出した。

少々の不安があり、オフェンシブのみであったが、「買い」ポジションを取っていた私は昨日に引き続きこれで連勝を確信した。

企業在庫の減少、設備投資への明るさ、ドル安による輸出増、心配された消費もGDPを押し上げた。

「驚きの好結果だ。非常に底堅いこの数字は下半期に向けた素晴らしいスタートとなった。あまり良すぎて利上げの可能性すら、うかがえる。」

とハリスプライベートバンクの最高責任者の談話が掲載された。

オバマ大統領もGDPの高い伸びは、これまでの刺激策の賜物であると自我自賛の声明を出した。

その他、シカゴPMI、ミシガン大消費者信頼感指数も予想を上回りNYは順調に高値で推移していった。

しかし、中盤辺りから、雲行きが怪しくなり、調整が進んだのかダラダラと下げに転じ、最終ダウ53ドル↓、ナス31ドル↓で取引を終了した。

特に昨日に引き続きナスのハイテク系の弱さが目立っていた。

一連の強い経済指数で絶好調の株価が何故下落に転じたのか、私ばかりか誰しもが頭を傾げるはず。

実に不思議な現象と言わざるを得ない。

ただ、私としては、「不思議な現象」の発生の可能性をオフェンシブ・デフェンシブ両方のポジションを持つのではなく、オフェンシブのみのポジションとして反映できた事は、一つ評価出来る部分であると考えている。

CMEを見る限りにおいては、イブニングの引け価格と大きな開きは無く、ほぼ横で問題は月曜の日経が寄りつく前までの為替の動きと、寄り付き後のザラ場での動きということになりそうである。


さて、1月の私のココで掲載している成績は、あまりパッとしませんでした。

我ながら、自分の未熟さや、精神的な弱さがヒシヒシと感じられ、情け無い気持ちで一杯です。

ただ、私の実際の運用は、勿論、ココで掲載している通りの売買をしている玉も持ち合わせていますが、それ以外に先物とオプションを組み合わせている(CFDと為替に手を出す事も最近はあり)。

これらの玉を、半年ほど前から、実験的に決済のタイミングを変えての運用を行ってきました。

仕掛け自体は、若干オプションをザラ場でイジル事がありますが、基本的には、夕場引けでのタイミングで成り行きで注文を入れています。

決済のタイミングを色々とバラけさせることで、驚くほど成績が安定する事が、実際の運用結果からも得られており、私の資金自体は、増加しています。

特に木曜と金曜は、このバラけさせた決済の結果、オプションのロングポジションで自分でも驚くほどの莫大な利益を生み出しました。

色々考えた末、一番単純(とは言っても、複雑にはなるが)と思われる寄付きと大引けでの決済を採用することとしましたが、これが今月どのような結果をもたらすか、厳しい目で見ていてもらいたいと思っております。

今月は、2か月連続でマイナスを出したこともあり、会員募集をしても、入会希望者が居ないと考え、会員募集を行わないことと決めましたが、もし、入会希望の方がいらっしゃれば、横のメールフォームから連絡を頂ければ、対応いたしますので、ご連絡ください。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/29 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/29 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/29 結果

【オフェンシブ】
01/28  ES引け値 10390 × 売り2枚
01/29  寄付き  10260  @+130円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  01/04  △  ○  + 60
  01/05  △  ○  + 90
  01/06  △  ○  + 10
  01/07  △  ●       - 10
  01/08  ▼  ●       -130
  01/12  △  ●       - 60
  01/13  ▼  ○  + 80
  01/14  ▼  ●       -100
  01/15  △  ●       - 20
  01/18  ▼  ○  +100
  01/19  △  ○  + 20
  01/20  ▼  ●       -140
  01/21  △  ○  + 10
  01/22  ▼  ○  +130
  01/25  △  ●       -170
  01/26  △  ●       - 80
  01/27  ▼  ●       - 80
  01/28  △  ○  + 70
  01/29  ▼  ○  +130
 --------------------------------------
  合計           +700  -790

1月の成績 10勝9敗 -180円
  (1枚当たり損益  -90円)


【デフェンシブ】
01/28  ES引け値 10390 × 売り2枚
01/29  寄付き  10260  @+130円   

        予想 結果 勝ち   負け (単位:円)
 ------------------------------------------------
  01/04  -  -
  01/05  △  ○  + 90
  01/06  △  ○  + 10
  01/07  △  ●       - 10
  01/08  ▼  ●       -130
  01/12  △  ●       - 60
  01/13  ▼  ○  + 80
  01/14  ▼  ●       -100
  01/15  -  -
  01/18  ▼  ○  +100
  01/19  -  -
  01/20  ▼  ●       -140  
  01/21  △  ○  + 10
  01/22  ▼  ○  +130
  01/25  -  - 
  01/26  △  ●       - 80
  01/27  ▼  ●       - 80
  01/28  △  ○  + 70
  01/29  ▼  ○  +130
 ------------------------------------------------
  合計          +620  -600

1月の成績 8勝7敗 +40円
   (1枚当たり損益 +20円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 -70円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/29 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


英金融システムの脆弱性、新規失業保険申請件数、耐久財受注の弱い内容、ギリシャ不安などからNYは軟調であった。

ダウ115ドル↓、ナス42ドル↓と3ケタの大きな下落で終了した。

ナスダックの大きな下げは、ハイテク関係が大きく売られた結果のようである。

昨日の日経は、しっかりとした足取りで、上昇したのであるが、NYは弱く日経も当然引きづり込まれると読み、「売り」ポジションを取った。

前日オバマ大統領が就任後、初の一般教書演説を行った。

オバマ政権は、ほんの少し前まで進めていた医療保険改革があと一歩のところまで来ていた。

この教書演説で、その法案成立を祝う予定であったとの報道もなされているが、先日のマサチューセッツ選挙の敗北により、法案成立は果たされなかった。

このため、政権の目玉が不透明になったことで、その戦略も転換をせざるを得なくなった。

高い失業率、莫大な財政赤字など有権者には不満が多く、ここのところのオバマ政権は支持率が急降下している。

そんな中での大統領演説であった。

大統領は、複雑な医療保険法案について、国民に十分説明が行かなかった事を認めた。

雇用創出に全精力を傾けることや経済改革の重要性などを言葉たくみに強調、相変わらず低中所得者層向けの支持率アップを狙った演説を行った。

結果、そこそこの結果は得たようで、この先、オバマ政権の動きがますます気になるところである。

さて、上院でバーナンキFRB議長の再任がやっと決定したようである。

再任の公算が大きかったものの、一部からの反対も根強く、採決も先送りにされていた状態で危機感が溢れていたのであるが、この決定で市場はホッと一息という感がある。

仮に再任が否決されていれば、NYは、タカが外れたような暴落を見せた可能性があるので、売りポジションだった私は、否決を願ったのであるが、やはりというか、当然の如く再任が決定してしまった。

一方、再任決定により暴騰しないかどうかが不安としてあったのであるが、結局株価に与えた影響は限定的であったようである。

本日の結果で今月は終了。

昨夜のポジション取りには成功したが、今月は、オフェンシブではマイナスを引いてしまった。

ただし、10円であるが、デフェンシブは利益が出た。

後ほど、結果はアップしたいと考えている。

このようなドローダウンは、いずれは来るものと覚悟はしていたが、私としては、ドローダウンの期間がこれ以上長引く事のないよう、早めの解消を狙って行きたいと考えている。

そもそも、ここ最近は、決済タイミングの難しさを痛感しているのであるが、来月・・・つまり今日持ったポジションから、決済時は、寄付きで50%、大引けで50%の決済をしていくことで、ある程度の問題の解消が出来ると考えている。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/29 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/29 本日の決済

オフェンシブ 寄付き

デフェンシブ 寄付き

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/28 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/28 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/28 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

12/28 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション
(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 買い


注目の的であったFOMCの声明文は、金利据え置き、低金利長期間維持を再表明した何らサプライズも無い実に平凡なものであった。

ただ、10人の委員中、1人の委員が文言に反対票を投じた事があちこちで話題を集めている。

たった1人では、話にもならないのがふつうであるが、何故かこの人(老練な方らしい)、かなり大きく取り上げられていることがとても面白く感じた。

本人は、結構気分良くしているのかもしれない。

NYは、アジア株、中国株、欧州株全て軟調、新築住宅販売も低調であったため、NY前半は弱含みで推移した。

しかしFOMC声明発表で変化が起こり、上昇気運に乗り引け間際に上げ幅を拡大した。

NYダウ41ドル↑、ナス17ドル↑で取引を終了。

何の変化も希望も見出せない実につまらない平凡なFOMV声明文がどうしてNY株のかがれを変えてしまうほどの効果があったのか私にはわからない。

買いポジションを持っていた私としては、ラッキーと喜ぶべきなのかもしれないが、何かしっくりとこないのである。

気になるニュース、又又、登場のジョージソロス氏。

世界経済フォーラムに出席中とのことであるが、オバマ発言で揺れ動いている金融規制法案にイチャモンをつけた。

この状況下での危機責任料徴収は経済を逆行させる源になりかねない。

金融規制案そのものは反対ではないが、内容と実行のタイミングをもっと検討すべきと語った。

ジョージソロスの発言が、本日行われる予定のオバマ大統領の演説にどのような影響を与えるのか、全く分からないが、本日のオバマ大統領の演説で、「金融規制法案」にどのような言及を行うのかが、注目されている。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/28 本日の決済

オフェンシブ 寄付き

デフェンシブ 寄付き

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/27 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/27 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/27 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/27 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション ※記載を訂正しました(AM11:39)

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


ケースシラー住宅価格下落、コンファレンスボード消費者信頼感指数やFIFA住宅価格指数の強い内容、中国金融引き締め、日本国債の格付け見通し引き下げ、弱い英GDPの結果、やがて発表察るFOMCの気になる声明文の中身などなど入り混じってのNY市場は、複雑な要素を沢山秘めた難しい展開となった。

最終ダウは、2ドル↓、ナス7ドル↓ととても小さな数字で取引終了したが、上にも下にもどちらにも転んでしまう要素が十分感じられる危険な展開であったことは間違いない。

昨日の日経は上がりそうで上がらない。

午後になってドンドンと下げ、足を早めた。

これでは上昇は限定的と考え、イブニングでは少々下げ過ぎの感もあったのであるが、「売り」ポジションを取った。

気になるニュースとして、化付け会社S&Pの日本国債格付け見通しを安定的からネガティブに変更した。

民主党政権の財政再建が、政策に不透明さがあり財政圧力、デフレ圧力をしっかりと喰いとめる対策を至急取らなければ格下げの可能性があるとしているものである。

管財務相は、格付け会社の格付けに逐一コメントすることは控えたいとしながらも財政規律維持の重要性を改めて強調した。

この件は、日本株にとって決して買い材料にはならないことは、当然であろう。

NYの昨日の引け間際の動きを見ても、ここから更に下に行くであろうことは、ほぼ間違い無いと思われる。

本日のように、反発する事もあるため、注意は要するが、この下落のトレンドに上手く乗れば、かなりの利益が期待できると考える。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/27 本日の決済

オフェンシブ 寄付き

デフェンシブ 寄付き

1/26 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/28 結果

【オフェンシブ】
01/27  ES引け値 10250 × 買い2枚
01/28  寄付き  10320  @+70円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  01/04  △  ○  + 60
  01/05  △  ○  + 90
  01/06  △  ○  + 10
  01/07  △  ●       - 10
  01/08  ▼  ●       -130
  01/12  △  ●       - 60
  01/13  ▼  ○  + 80
  01/14  ▼  ●       -100
  01/15  △  ●       - 20
  01/18  ▼  ○  +100
  01/19  △  ○  + 20
  01/20  ▼  ●       -140
  01/21  △  ○  + 10
  01/22  ▼  ○  +130
  01/25  △  ●       -170
  01/26  △  ●       - 80
  01/27  ▼  ●       - 80
  01/28  △  ○  + 70
 --------------------------------------
  合計           +570  -790

1月の成績 9勝9敗 -440円
  (1枚当たり損益  -220円)


【デフェンシブ】
01/27  ES引け値 10250 × 買い2枚
01/28  寄付き  10320  @+70円  

        予想 結果 勝ち   負け (単位:円)
 ------------------------------------------------
  01/04  -  -
  01/05  △  ○  + 90
  01/06  △  ○  + 10
  01/07  △  ●       - 10
  01/08  ▼  ●       -130
  01/12  △  ●       - 60
  01/13  ▼  ○  + 80
  01/14  ▼  ●       -100
  01/15  -  -
  01/18  ▼  ○  +100
  01/19  -  -
  01/20  ▼  ●       -140  
  01/21  △  ○  + 10
  01/22  ▼  ○  +130
  01/25  -  - 
  01/26  △  ●       - 80
  01/27  ▼  ●       - 80
  01/28  △  ○  + 70
 ------------------------------------------------
  合計          +490  -600

1月の成績 7勝7敗 -220円
   (1枚当たり損益 -110円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 -330円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/26 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/26 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 買い


3日間連続の大下げのあとだけにNYは反発して始まった。

FRBバーナンキ議長の再任を巡る懸念も後退しつつある事もよい影響を与えたようである。

しかしながら、中古住宅販売が、過去最大の落ち込みになったことでそれまで順調であった一気に下降し上げ幅を縮めてしまった。

ダウ23ドル↑、ナス5ドル↑で取引終了。

オバマ発言で世界的株安現象に陥ったが、日本株は意外な底堅さを見せている。

海外勢の買い意欲が依然として強く、この際リスクの高い米銀株を邦銀株に切り替える動きがおこっている模様で、積極的な日本買いとまではいかないものの、押し目買い意欲は旺盛であるというニュースが伝わってきている。

確かに昨日の日経の動きは凄まじかった。

3日間でNYダウ550ドル↓のなか、私はこの下げは、オーバーシュート、週明けは落ち着くはずとコメントしたが、その通りの展開となったと思う。

さて、日曜(1/24)に来月からの決済方法の変更を提案させていただいたが、今月はオフェンシブ、デフェンシブとも寄り決済のみに絞った結果、それが裏目に出てしまい好成績を上げる事が出来ていない。

決済に関しては、長期的に見れば、引けまで引っ張る事が利益に繋がるケースが多いのであるが、12月の結果など、寄り付きの方がいいケースも発生する。

本来的には、持っているポジションをある一点で、全て決済していくのではなく、相場の動きを見ながら、ある程度の時間を置いて、バラしながら決済していくと、成績を安定させるケースが多いのであるが、寄付きと大引けにバラすだけでも、かなり安定度は増すと考えている。

現在、大引けまで持ち越す玉のザラ場でのロスカットや、利益確定に関してどうすべきか検討しているが、その額はある程度バッファの有る額にしようと考えており、ロスカットや利益確定に届く事は、滅多に無いレベルになると考えている。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/26 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/26 本日の決済

オフェンシブ 寄付き

デフェンシブ 寄付き

1/25 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/25 結果

【オフェンシブ】
01/22  ES引け値 10580 × 買い2枚
01/25  寄付き  10410  @-170円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  01/04  △  ○  + 60
  01/05  △  ○  + 90
  01/06  △  ○  + 10
  01/07  △  ●       - 10
  01/08  ▼  ●       -130
  01/12  △  ●       - 60
  01/13  ▼  ○  + 80
  01/14  ▼  ●       -100
  01/15  △  ●       - 20
  01/18  ▼  ○  +100
  01/19  △  ○  + 20
  01/20  ▼  ●       -140
  01/21  △  ○  + 10
  01/22  ▼  ○  +130
  01/25  △  ●       -170
 --------------------------------------
  合計           +500  -630

1月の成績 8勝7敗 -260円
  (1枚当たり損益  -130円)


【デフェンシブ】
01/22  ES引け値 10580  見送り
01/25  寄付き  10410     

        予想 結果 勝ち   負け (単位:円)
 ------------------------------------------------
  01/04  -  -
  01/05  △  ○  + 90
  01/06  △  ○  + 10
  01/07  △  ●       - 10
  01/08  ▼  ●       -130
  01/12  △  ●       - 60
  01/13  ▼  ○  + 80
  01/14  ▼  ●       -100
  01/15  -  -
  01/18  ▼  ○  +100
  01/19  -  -
  01/20  ▼  ●       -140  
  01/21  △  ○  + 10
  01/22  ▼  ○  +130
  01/25  -  - 
 ------------------------------------------------
  合計          +420  -440

1月の成績 6勝5敗 +40円
   (1枚当たり損益 -20円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 -150円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/25 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/25 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1/25 本日の決済

オフェンシブ 寄付き

デフェンシブ  -

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

1/24 決済タイミングについて

相場で安定的に勝つためには、ポジション取りを間違えない事は当然ですが、その決済タイミングにもポジション取りと同等かそれ以上の重要性があります。

さて、私のポジション取りの正しさは、過去のデータから約60%に達しており、ポジション取りには、ある程度の優位性を感じております。

しかしながら、昨年、オフェンシブとデフェンシブという投資手法を導入した辺りの前の段階から、決済のタイミングに悩みを感じておりました。

オフェンシブとデフェンシブを導入した一つの理由として、この決済のタイミングにもあった事は、公言しておりませんでしたが、攻撃的・守備的という事の他に決済タイミングをズラすという狙いもありました。

しかしながら、オフェンシブとデフェンシブで決済タイミングをずらすことに、少々限界を感じております。

まずは、決済タイミングをずらしてみた場合の成績の検証値をご覧ください。


        寄付決済         大引決済      合計    平均
2009年
 01月  + 530(10勝6敗)      +1480(9勝6敗)    +2010   +1005
 02月  + 520(08勝6敗)      + 530(8勝5敗)    + 530    + 525
 03月  + 190(05勝6敗)      + 620(8勝4敗)    + 810    + 405
 04月  + 160(06勝5敗)      + 740(8勝4敗)    + 900    + 450
 05月  - 240(06勝8敗)      - 20(8勝6敗)    - 260    - 130
 06月  + 350(06勝3敗)      + 350(5勝4敗)    + 700    + 350
 07月  + 470(05勝4敗)      + 230(4勝4敗)    + 700    + 350
-----------------------------------------------------------------------------
(デフェンシブ)
 08月  + 370(09勝3敗)      + 800(9勝3敗)    +1170    + 585
 09月  + 300(06勝1敗)      + 690(6勝1敗)    + 990    + 495
 10月  + 240(04勝1敗)      + 110(3勝2敗)    + 350    + 175
 11月  + 220(04勝3敗)      + 200(5勝3敗)    + 420    + 210
 12月  + 120(05勝3敗)      - 160(2勝5敗)    - 40    - 20
 01月  - 20(06勝5敗)      + 240(6勝3敗)    + 220    + 110
 (22日まで)
-----------------------------------------------------------------------------
(オフェンシブ)
 08月  + 220(11勝9敗)      +810(16勝4敗)    +1030   + 515
 09月  + 420(07勝2敗)      +810(07勝1敗)    +1230   + 615
 10月  + 160(06勝5敗)      +270(06勝4敗)    + 430   + 215
 11月  + 310(07勝6敗)      - 20(06勝8敗)    + 290   + 145
 12月  + 60(06勝5敗)      - 40(03勝8敗)    + 20   + 10
 01月  + 40(08勝6敗)      +310(08勝4敗)    + 350   + 175
 (22日まで)

上記を見ていただければ、分かると思いますが、成績的には、大引け決済の方がとりあえず有利であるという結論は、出ております。

私は、これに基づいて、「原則大引け決済」をルール化していきましたが、単月単位でみれば、当たり前の話ですが、必ず大引け決済の方が成績が良いとは限りません。

私の目的は、とんがった利益を得る事では無く、大きく負ける事の無い、安定的な結果であることから、この記事を掲載する事を決めました。

つまり、仕掛けは今までと同じで良いわけですが、その決済を半分に分けて、寄り付きと大引けで決済していくという手法を取る事をご提案しようというわけです。

今月中は、今までの通りの成績の付け方をしていこうと考えておりますが、来月より、この寄付きと大引けでの決済結果の平均で私の成績を付けていきたいと考えております。

会員様には、後日に別途メールにてご案内いたします。

1/23 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


米株のけん引で世界的株安となってしまった。

NYダウは、後半になって下げ足を早め、216ドル↓、ナス60ドル↓で取引終了した。

3日連続の大下げのトータルは、ダウ552ドル、ナス115ドルとオーバーシュート気味である。

1/26~28日の3日間、米国債入札が予定されている。

3日間の合計金額は、1180億ドルの過去最高金額である。

この状況下でガイトナーをはじめとした政府関係者の知恵者達の手腕がどう発揮されるのかお手並み拝見である。

私は、昨日、市場の流れは下降気味であるが、2日間で335ドルも下落したNYダウがこのまま放置される可能性は少ないと考えた。

来週は大型国債入札も控えており、悪くてもチョイ下げ、良ければ前日のマイナスを全戻しする可能性まであるのではなかろうかと考え、オフェンシブのみ「買い」ポジションを取った。

オフェンシブのみとしたのは、少し不安があり、確信まで持てなかったからである。

結果、私の予測は完全に外れたばかりではなく、過熱気味に激しく下落してしまった。

市場参加者は、土日2日間で、熱くなり過ぎた頭を少々クールダウンして月曜日に臨んでいただきたいものである。

襲ってきた世界株安は、明らかにオバマ大統領が発した金融規制策が発端である。

ただ、漠然としていて具体的には不明な部分がかなりあり、そういった意味で、先日亀井大臣が口にしていたモラトリアル法案に近いように感じる。

詳細不明なまま、不安感だけが先走り、株価の急落を招いてしまったようであるが、具体的に法案が作成されれば、なんてことはないものに落ち着くケースが多々ある事は、ご承知のとおりである。

アナリストや市場関係者のほとんどは、まだよく解らないとしながらも、不備を訴えているが、よく記事を分析すれば、ドイツ経済省は効果的であるとしているし、ブラウン英首相も英国の木手に沿っていると評価している。

まだその詳細の内容が明らかになっていないし、この提案がスンナリ議会を通るとも思えないが、市場に大地震が発生し、株価、為替、商品などに大きな狂いが生じている現状を冷静に受け止める事が、今、とても重要である。

前述の如く、NYは昨日下落したが、個別株で見ると、好決算発表のマクドナルド、GEなどは逆に上昇しているし、その他ウォールマート、P&Gなど消費関連株は、わずかであるが上がっている。

私は、今すぐに、世間では騒いでいるような滅茶苦茶に市場の状況になるとは思っていないし、来週にはある程度落ち着くことになると思っている。

そしてこういうドサクサには勝てるチャンスが多くあることも当然である。


[予告]

相場を張る上で、どういうポジションを持つかという事は、当然大切なことであるが、それと同等かそれ以上大切なことは、「手仕舞い」のタイミングです。

私は、先月も今月もこの「手仕舞い」のタイミングをかなり間違った状態にあると考えています。

この状況を打破すべく、誰がやっても同様の結果が出て、かつ、最良と考えられる方法を見出しました。

明日、その方法について、掲載いたします。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。