スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/22 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/22 結果

【オフェンシブ】
04/21  ES引け値 11020 × 売り2枚
04/22  前寄付き 10980 1枚決済 @+40円
       大引け 10950 1枚決済 @+70円
               ⇒平均損益 @+55円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  ▼  ●       - 55
  04/05  ▼  ●       - 55
  04/06  ▼  -
  04/07  △  ●       - 10
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
  04/16  ▼  ○  + 80
  04/20  ▼  ●       - 80
  04/21  △  ○  + 85
  04/22  ▼  ○  + 55
 --------------------------------------
  合計          +465   -265

4月の成績 6勝5敗 +400円
  (1枚当たり損益 +200円)


【デフェンシブ】
  見送り
 
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  -  -
  04/05  -  -
  04/06  ▼  -
  04/07  -  -
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
  04/20  ▼  ●       - 80
  04/21  △  ○  + 85
  04/22  -  -
 --------------------------------------
  合計          +330   -145  

4月の成績 4勝2敗 +370円
  (1枚当たり損益  +185円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 +385円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/22 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/22 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/22 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


モルガンスタンレーの黒字転換、クライスラーの営業利益計上、GM政府資金の前倒し返済、アップル・スターバックス、マクドナルドなど全て好決算。

NYは、好調な決算発表が連日続いている。

期待感は相当なのであるが、株価の反応は限定的。

ダウは7ドル↑、ナスは4ドル↑で取引終了。

私は昨日15時の時点では「買い」の勢いを重要視していたが、夕場に入って流れが変わったと感じ、「売り」に変換した。

オフェンシブのにしたのは、夕場に下がり過ぎた事が影響している。

好決算の続くNYでは、少なくとも50-100ドル上昇しても不思議では無いのであるが、何故か上値が重く、もたついている。

本日、日経ザラ場で、私のポジションの正しさが証明されるであろうか。

前日ギリシャ国債入札は、実に順調に推移したのであるが、その金利の高さは異常な水準で、消費者金融でカネを借りて、財政状態を立て直す事が難しいのと同じであり、今後のギリシャの財政再建に大きな負担が生ずるとの懸念が広がっている。

現在、アテネでギリシャ政府、EU・IMFとの3者による支援協議が開催されている。

5/15までに共同文書で合意を伝える予定と明らかにした。

ギリシャの要請があれば、この共同文書に基づき、支援が実施されるが、もしかすると合意前の支援要請があり得るかもしれず、ギリシャ問題は相当な深刻さ加減であるようである。

ギリシャ財務省では、合意前の支援要請はあくまでも理論上の話で決めているわけではないと否定的な立場を強調しているようであるが、このような状況から、ユーロが昨日下落を見せ、対ドルでは5日連続で値を下げてしまった。

ギリシャ国債も売られ、独債との利回りは最大に拡大している。

また、ゴールドマン問題は、関係者が懸念解消に必死に奔走し、昨日は少し落ち着きを見せたようであるが、ギリシャ問題は、事あるたびに再燃し、深刻な状況に陥っている。

あちらが立てばこちらが立たずではないが、まだまだ危機的な状態を脱する事は、相当先の事となるはずである。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/22 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通(ただし、本日はオフェンシブのみ)

50%→寄付き

50%→指値 10820円、逆指値 11220円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/21 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/21 結果

【オフェンシブ】
04/20  ES引け値 10980 × 買い2枚
04/21  前寄付き 11030 1枚決済 @+50円
       大引け 11100 1枚決済 @+120円
               ⇒平均損益 @+85円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  ▼  ●       - 55
  04/05  ▼  ●       - 55
  04/06  ▼  -
  04/07  △  ●       - 10
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
  04/16  ▼  ○  + 80
  04/20  ▼  ●       - 80
  04/21  △  ○  + 85
 --------------------------------------
  合計          +410   -265

4月の成績 5勝5敗 +290円
  (1枚当たり損益 +145円)


【デフェンシブ】
04/20  ES引け値 10980 × 買い2枚
04/21  前寄付き 11030 1枚決済 @+50円
       大引け 11100 1枚決済 @+120円
               ⇒平均損益 @+85円  
 
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  -  -
  04/05  -  -
  04/06  ▼  -
  04/07  -  -
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
  04/20  ▼  ●       - 80
  04/21  △  ○  + 85
 --------------------------------------
  合計          +330   -145  

4月の成績 4勝2敗 +370円
  (1枚当たり損益  +185円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 +330円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/21 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/21 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/21 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 買い


NYは好調な企業決算が、続出し底堅い動きで上昇。

ダウは、25ドル↑、ナス20ドル↑で取引終了。

ただ、話題のゴールドマンサックスは好決算発表であったが、株価は軟調であった。

私は昨日の15時時点では、「売り」を考えていたが、夕場に入り、世界各国の株の上昇や、為替の動き、日経先物の変化等からNYは下がりそうもないと判断した。

ただ、どの程度上げるかが問題であったが、思い切ってオフェンシブ、デフェンシブ共に買いポジションを取った。

私の本音としては、カネの力にモノを言わせて我が物顔でのさばっているゴールドマンをたたき潰して欲しいのであるが、巧妙で用意周到な彼らの策略には、米SECと言えど、なかなか太刀打ちできないのが、現実なのであろうか。

本来的には、「売り」で臨み、ゴールドマンの『悪徳で暴落』により利益を取るという状況を実現させてみたいのであるが、情勢はどうもこのような事にはならない状態のようである。

この際、不本意ではあったのであるが、「買い」を選択した。

ゴールドマンの問題がどう決着をみるのか、市場は最大限の関心ごととして見守っている。

昨日のニュースでは、ゴールドマンは予想を上回る好決算を発表したが、投資家は、SECによる訴追に焦点を絞り、英・独当局も調査を開始したことで、株価上昇にはつながらなかったと伝えているが、私はゴールドマンの前日から昨日にかけての一連の動きは大きな成果を上げていると考えている。

よくよく考えてみてもらいたい。

通常であれば、SECから詐欺だと訴追され、司法の場に引きずり出された時点で、吹っ飛ぶはずである。

一昨日の「訴追投票結果が小差」などというワケのわからないニュースにより、大ピンチを脱してしまったのである。

昨日の良好すぎるほどの好決算は、直接自社株価を上げるには至らなかったが、ダウそのものは、プラス圏を保ち、欧州をはじめとする世界各国のゴールドマン不安をかなり解消していることからも、彼らは、まずはこの情勢で十分と考えているのではなかろうか。

もちろんゴールドマンは、「SECによる提訴には非常に失望している」とか「わが社には投資家の判断を誤らせるようなことは決してしていない」などと相変わらず強気一辺倒で、SECとの対立姿勢を少しも崩してはいない。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/21 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通

50%→寄付き

50%→指値 11180円、逆指値 10780円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/20 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/20 結果

【オフェンシブ】
04/19  ES引け値 10850 × 売り2枚
04/20  前寄付き 10960 1枚決済 @-110円
       大引け 10900 1枚決済 @-50円
               ⇒平均損益 @-80円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  ▼  ●       - 55
  04/05  ▼  ●       - 55
  04/06  ▼  -
  04/07  △  ●       - 10
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
  04/16  ▼  ○  + 80
  04/20  ▼  ●       - 80
 --------------------------------------
  合計          +325   -265

4月の成績 4勝5敗 +120円
  (1枚当たり損益 +60円)


【デフェンシブ】
04/19  ES引け値 10850 × 売り2枚
04/20  前寄付き 10960 1枚決済 @-110円
       大引け 10900 1枚決済 @-50円
               ⇒平均損益 @-80円  
 
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  -  -
  04/05  -  -
  04/06  ▼  -
  04/07  -  -
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
  04/20  ▼  ●       - 80
 --------------------------------------
  合計          +245   -145  

4月の成績 3勝2敗 +200円
  (1枚当たり損益  +100円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 +160円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/20 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/20 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


市場に走った危機感は、何処に行ってしまったのであろうか。

たった一日で回復してしまった。

昨日のNYダウは、前日の終値を挟んでどちらかと言えば、下落気味に推移していたのであるが、米14時過ぎにゴールドマン訴追の決定に際し、SEC内部で意見が別れ、投票の結果、小差での決定であったとその経緯をブルームバーグが報道したどたんに、状況が一変してしまった。

この報道により、SECの決定が、確固たるものでは無かったことを意味するとした風評が広がり、S&Pがゴールドマンの格付けは現時点では変更しないと述べたり、ゴールドマンの株価そのものも上昇した。

最終ダウ73ドル↑、ナス1ドル↑で取引終了した。

全くおかしな話で、SECの内部での経緯が報道の通りであったにせよ無かったにせよ、昨日の今日で、何故こんな暴露話がニュースとして報道されなければならないのか。

また、ゴールドマンに対するSECの訴追が中止されたというのであれば、大きなインパクトとして誰間が捉えるであろうが、小差であろうがなんであろうが、訴追はまぎれもなく決定している事実である。

出来るだけ事を広げないで、抑えようとする大きな力が存在しているのではないだろうか。

実際、こんな子供だましのような策で、NY相場がいとも簡単に左右されるとは、あまりにも貧弱な感を受ける。

昨夜、私は自信を持っての「売り」ポジションを取った。

日本株は勿論のこと、世界の株の全てが下落していた。

特に上海やインドの下げは凄まじく、この暴落に限りなく近い下げには、NYも巻き込まれざるを得ないと判断したためである。

残念ながら、無残にもその予測は打ちのめされてしまったが、このままで終わる事は無いと思われる。

ゴールドマンの件は、これにて一件落着というわけには行かない。

ユーロ圏ではゴールドマン訴追に様々な動きが出ている。

欧州金利規制監督当局は、規制強化を検討する構えを見せている。

ゴールドマンの違法行為が明らかになれば、欧州のデリバティブ規制強化に繋がる。

この際、不透明さ、秘密主義的な慣行に終止符を打とうとする構えだ。

英金融サービス機構は、今回のケースの状況や英国規制かにあるゴールドマンの事業体の関連性の有無を調査している。

関連性が確認されれば、適切な措置を講じると述べている。

独連邦金融サービス監督庁は、ゴールドマンの投資商品でドイツ産業銀行の投資分のほぼ全額1億5000万ドルの損害を受けたとし、損害賠償の請求を検討していることを明らかにしている。

フランス金融市場庁は、ゴールドマン訴追に関連した不正行為については、現在フランス国内では証拠は見つかっていないと述べている。

欧州の先物オープン協会は、規制当局に対して、状況を静観しゴールドマン訴追の影響を巡って結論を急がないように呼びかけた。

国際スワップデリバティブ協会は未だコメントをしていない。

世界中で、懸念と不安が広がっており、どう収拾を図るのか、暫く混乱は必至であろうと私は考えている。

影響は、ゴールドマンだけに留まらず、他の金融機関や金融市場全体に広がる可能性が高く、そうなればかなり大きな影響が今後発生してくる事になる。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/20 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/20 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通

50%→寄付き

50%→指値 10650円、逆指値 11050円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/19 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/19 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/19 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/17 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


これまで何回となく訴え続けていた大幅反落が突然にやってきた。

ここ数日間、ほとんど下げずに上り続けた株価は、やはり天井に登りつめていた感がある。

一昨日は、好材料続出の割にはその上げ幅は、限定的で逆に日本は昨日は、下げに転じてしまっていた。

私も金曜の15時時点のブロマガでは「下げ」の予想をしていたのであるが、夕場に突入後、暫くして日経先物はジワリと上昇を始めた。

夕場の相場を観察していた方は、ご存じだと思うが、夕場の引け40分前頃、まずは為替に大きな変化が起こった。

見る見るうちに、50銭も一挙に円安に振れたかと思えば、直後に円高へと…目まぐるしく動く大変化に嫌な予兆を感じた。

日経先物の動きもそれいにつられて激しく売買が繰り返され、このごくわずかな数分間で物凄い出来高を記録した。

「今夜のNYは何か起こりそう。」と直感したのは、その時であった。

その後の動きも、為替・先物両方とも、通常とは明らかに異なるおかしな推移を示した事はもちろんで、私は大上昇とも大下落とも両方考えられる危険を察し、これは「見送り」とせざるを得ないと決定した。

ただ、オフェンシブ+は、出来る限りどちらかの目線を明らかにしていることから、引け直前は、円安に勢いを感じて、「買い」としたが、とてもではないが危険過ぎて、「買い」ポジを取る事は出来なかった。

ただ、「どちらかに大きく動きそう」という判断の下、コールとプットを両方買う「ロングストラングル」或いは「ロングストラドル」を組んでみた。

オプションの複合ポジの詳しい説明は、他に譲るが、ロングストラングルは、私がかなり好んで使うポジションで、上でもいいし、下でもいいので、大きくどちらかに動くと利益が出ると言うポジションである。

昨日のような動きをするケースは、相場が大きく動く前兆であり、滅多に見れるものではないので、昨日のオプションのポジショニングは、「仕掛けるべくして仕掛けた」という大チャンスであった。

ただ、先物で利益を取ろうとした場合、上に行くのか、下に行くのかを判断しなければならず、私は昨日20時の時点では、その判断をする事が出来なかった。

したがって、先物のポジションは「見送り」としたが、これはこれで「正解」だったと自分では思っている。

もし、無理にポジションを取っていたとすれば、買い目線でいたため、「買い」ポジションを取った可能性が高い。

NYダウは、125ドル↓、ナス34ドル↓で取引終了したが、昨日は企業の好決算や経済の高指標はほとんど無力に近く、ゴールドマンサックス詐欺容疑事件一色で大きく揺れ動いた。

事件の大きさを鑑みると、市場にとっては、小さな下げ幅で済んだと言えそうである。

常識的に考えると、この事件の世界中の株価に対する影響は決してこんな下げ幅で終わる筈が無く、もっと大きなショックが訪れると思うのであるが、この小さな下げ幅は、何か不気味な予兆を感じるのは私だけではあるまい。

日経は、CMEを見ると200円以上の下落が生じており、一般投資家は、この休日中不安が更に増大し、週明けのぶん投げが頻発するのではと週明けの相場を心配する向きもあるようである。

さて、昨日の大ニュース、ゴールドマンサックス詐欺容疑事件に関して…

米SECは、サブプライムローンに絡む債務担保証券(CDO)の組成と販売に関して、投資家に「重要情報」を開示しなかったとしてゴールドマンサックスを詐欺罪で訴追した。

訴えによれば、ゴールドマンサックスは、著名投資家や有名な投資会社と組んで共同でCDOを組成販売し、価格の下落に伴い自らは大きな利益を得る一方で、一般投資家に10億ドルはゆうに超えるとみられる莫大な損害を与えた疑いがあるようである。

ゴールドマンサックス側は、SEC訴追は法律的にも事実上も、全く根拠無しと反論、全面的に対抗する覚悟と息巻いているようである。

私はかねがね、ゴールドマンサックスのことを「最大の悪玉企業」との認識を持っており、つい先日、同社が日本株に「買い推奨」をした時に「嵌め込まれないように」と警鐘を鳴らしたばかりである。

ゴールドマンが、仮にこの騒動を買い推奨していたタイミングで、知っていたとしたら、大変な事となるであろうが、現実には、どうなのであろうか。

さて、昨日のこの騒動に関しては、経済の専門家のコメントがロイターでいくつか紹介されている。

これらの専門家の意見を見てみると大きく2つの意見に別れているようである。

悪徳なものは、『悪徳』として取り扱う極普通の意見と、まるで悪徳の片棒を担ぎ不当な利益の分け前でも獲得しようと頑張っているかのように見える意見である。

さてさて、下記にその意見を掻い摘んで記載してみるので、どちらのタイプか判断して頂きたい。

悪徳の片棒を担いでいそうな専門家は、良く名前を覚えておくと今後の参考になると思われるのでお勧めである。

①グリーンウッド・キャピタルのポートフォリオマネジャー ウォルタートッド氏
「この訴追は、ゴールドマンに特定しているが、CDO市場に関する疑わしい慣行は数多くあり、様々な企業が関与している。SECが、他の商品や他の企業でこれまで行われてきた疑わしい慣行にどれだけ目をつけ、問題点を掘り起こす事ができるのか、市場は注目している。」

②シティ・インデックスの市場ストラテジスト ジョシュア・レイモンド氏
「ゴールドマン以外の金融機関の関与やその捜査の対象をどこまでSECは突っ込む事が出来るのかという点に、市場は新たな不透明さを生じさせかねない。このことが今後、一番恐ろしい事である。」

③ディシジョン・エコノミストのシニアマネジングディレクター ケアリーリーヒー氏
「SECはやけに強気だ。最も有名な会社を狙った。この件、裁判では金融の知識の乏しい陪審員への説明は困難であろう。ウォール街のプロでも事実関係は複雑すぎて理解し難い。」

④ハバーフォード・トラストのハンクスミス最高投資責任者
「投資銀行業界全体に規制の暗い影を落とす結果になったが、金融市場全体の回復と改善には大きく影響しないであろう。」

人それぞれが置かれている環境や、状況、その他もちろん、その人自身の資質もあろうが、色々な考え方があり、その考え方に基づいてどう生きようがそれは、自由であろう。

自分が儲けるために、人に損をさせたり迷惑をかけても、法的にスレスレであれば構わないとした考え方をする企業があまりにも多く存在している。

正に「やったもん勝ち」の世界。

司法、行政、立法の全てで、これらの考え方に対峙していく姿勢を示していくべきであると私は考えている。

ただ、今回のこの件、大量の資金を持った企業である点、事が複雑すぎ難解すぎる点などなどから、適当な所で、責任の所在も明確にならないまま、解決したかのうような話がでっち上げられて終焉する可能性が非常に高いと思われる。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/16 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/16 結果

【オフェンシブ】
04/15  ES引け値 11240 × 売り2枚
04/16  前寄付き 11230 1枚決済 @+10円
       大引け 11090 1枚決済 @+150円
               ⇒平均損益 @+80円  

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  ▼  ●       - 55
  04/05  ▼  ●       - 55
  04/06  ▼  -
  04/07  △  ●       - 10
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
  04/16  ▼  ○  + 80
 --------------------------------------
  合計          +325   -185

4月の成績 4勝4敗 +280円
  (1枚当たり損益 +140円)


【デフェンシブ】
 見送り
 
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  04/01  △  ○  + 55
  04/02  -  -
  04/05  -  -
  04/06  ▼  -
  04/07  -  -
  04/08  ▼  ○  +110
  04/13  ▼  ○  + 80
  04/14  ▼  ●       - 65
 --------------------------------------
  合計          +245   - 65  

4月の成績 3勝1敗 +360円
  (1枚当たり損益  +180円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 +320円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/16 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/16 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/16 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


株価を決定づけるようなビッグニュースは無い。

経済指標や企業業績など良い材料は、この数日間で出尽くしたにも関わらず、NYダウは、なんと6日間連騰。

まだ上げる材料を模索しているようにも見えるが、果たしてまだ高値を切り上げていくのであろうか。

雇用指数が弱かった事で小安くスタートしたNYではあったが、NY連銀景気指数、フィラデルフィア製造業況指数などの良好な経済指標の発表や、好企業決算などでジワリ上がり、ダウは21ドル↑、ナス10ドル↑と迫力には欠けるが、小幅高で取引終了した。

昨日の私は、いかんせん株価はごく短期間に登りつめており、これ以上の上昇は大した値幅は見込めない。

もし、何か突発的な事件でも起ころうものなら、大きく下落する可能性も低く無いという観点から、昨日の15時時点のブロマガでも述べたが、「売り」ポジションを取った。

ただ、株価下落の決定的な要因は見当たらなかったため、オフェンシブのみとした。

結果、NYは、好材料が数多くあった割には、株価は上値が重く、なんとなくもう天井かなと思わせるような動きであったことも間違いない。

発表された、新規失業保険週間申請件数は、予想外に増加した。

労働問題にまた、不安が走り株価を少し安くスタートさせる原因を作ったようである。

米国ばかりでは無く、今、日本でも雇用問題が深刻な状況に陥っている。

総務省によれば、09年の完全失業者は、前年比27%増の336万人。

このうち、3カ月以上は29%増の214万人、1年以上はなんと9%増の95万人。

1年以上の失業者が労働人口全体に占める割合(長期失業率)は、14%と2年連続上昇している。

特に若年層の失業が深刻で希望条件を下げての数社、数十社との面接も求人数が絶対的に少ないので、思うようにはならず、今やハローワークには長期間通い続けている若者たちが溢れかえっているようである。

かく言う私もハローワークに行ったり失業保険の給付は受けていないものの、失業のまっ最中であり、精神的には非常に辛い思いをしている。

ECB(欧州中央銀行)のシュタルク専務理事は、世界経済は、ソブリン債危機に面している、既に突入している可能性すらあると警告した。

ギリシャ財務省高官は、IMF、EU、ECBの各代表がギリシャ支援策について協議するため、19日にアテネ入りする事を明らかにした。

燻り続けているギリシャ問題、来週大きな動きを見せるかもしれない。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

4/16 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通(ただし、本日はオフェンシブのみ)

50%→寄付き

50%→指値 11040円、逆指値 11440円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

4/15 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

4/15 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。