スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/24 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通

50%→寄付き

50%→指値 9750円、逆指値 10150円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/23 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/23 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/23 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


元の切り上げにより、景気回復のきっかけとなると思いきや、昨日もNYは続落。

ダウは、当初、振幅を繰り返していたが、中国以外の世界の株価下落や中古住宅販売件数の予想外の現象などが作用したのか、終盤大きく値を崩してしまった。

ダウ148ドル↓、ナス27ドル↓で取引終了。

FRBが本日から2日間、FOMCを開催するので、結果発表前の急ぎ売りとの噂も伝わってきている。

昨日の私は、「買い」目線にて終始いたのであるが、夕場になって買い意欲を失ってしまった。

下がると言うよりも上がらない気配が漂い、とてもではないが買える状況に至らなかった。

どちらかというと売りたい気持ちの方が大きくなったのであるが、実際にポジションを持つとなると根拠薄であったため、オフェンシブ+は売りとしたが、それ以外は、見送りとしてしまった。

人民元の動きがいかにも「アヤシイ」。

前日、最大の上げ幅を記録した人民元であったが、今度は打って変わってその上げ幅を半分以上失う下落に見舞われた。

これは、中国政府による介入である可能性が高く、大量のドル買いを入れていると思われる。

政府が人民銀行による直接的な市場介入を避け、国民銀行をダミーに使う新たな手法で、人民元の上昇ベースを管理する新手法を登用したようである。

さて、英政府が凄い事をやってのけた。

英国の財政赤字は、ギリシャ並みに膨らんでいるが、この度、向こう5年間でほぼ解消することを目指した思い切りのよい財政再建策(新予算案)を発表。

まさに粗治療である。

実施に向けて驀進すると言うのであるから、驚きである。

内容の一部は、付加価値税の増税(17.5→20.0%)、独仏と協調して銀行税の導入、国民保険負担率の引き上げや所得税の課税最低限度額の引き上げ、公務員給与の凍結、福祉関連支出の削減、企業の減税、などなどどれ一つ捉えても凄いものばかりで、すべてこれを一斉に実施するとは思えないが、ほとんどの国民にとって辛く厳しい様々の策を、実施に踏み切ると宣言する勇気ある政府の行動は、日本では考えられない。

この英国の新予算案に対して、格付け会社フィッチが大きな評価を下し、ポンド相場に影響を与えていると報道されている。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/23 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/22 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/22 結果

【オフェンシブ】
06/21  ES引け値  10250 × 買い2枚
06/22  前寄付き  10140 1枚決済 @-110円
     大引け   10110 1枚決済 @-140円    
            ⇒平均損益 @-125円
    
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  △  ●       - 20
  06/02  △  ○  + 20
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●       - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●       -125
  06/15  ▼  ○  + 50
  06/17  ▼  ○  + 35
  06/18  △  ●       - 60
  06/21  ▼  ●       -160
  06/22  △  ●       -125
 --------------------------------------
  合計          +290   -585

6月の成績 7勝6敗 -590円
  (1枚当たり損益 -295円)


【デフェンシブ】
06/21  ES引け値  10250 × 買い2枚
06/22  前寄付き  10140 1枚決済 @-110円
     大引け   10110 1枚決済 @-140円    
            ⇒平均損益 @-125円
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  -  -
  06/02  -  -  
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●      - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●      -125
  06/15  -  -
  06/17  -  -
  06/18  -  -
  06/21  ▼  ●       -160
  06/22  △  ○       -125
 --------------------------------------
  合計          +185  -505  

6月の成績 4勝4敗 -640円
 (1枚当たり損益  -320円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 -615円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/22 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/22 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/22 昨日のポジションとNYの動き

(昨日のポジション)

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 買い


NYがまた、不可思議な動きで終わった。

結果、ダウ8ドル↓、ナス20ドル↓で取引終了。

欧米首脳は、もちろんのこと、各国各人から絶賛を浴びた人民元弾力性強化は、世界経済回復へのこの上ない起爆剤となり得るとばかり、世界の株価は揃って急上昇を見せた。

NYも序盤はこの流れに乗り、一時140ドル超の上昇を見せたのであるが、終わってみれば高値は全て消え失せ、マイナスとなってしまった。

世界中の経済ニュースを賑わした人民元柔軟化は、まずは中国経済の底堅い成長の裏付けとばかりに、ご本尊の中国株はしっかりと上昇を見せ、インド、ロシア、欧州、南米、もちろん日本も含めて世界の株価が全て上昇したのに、この策を一番望み、積極的に動いていたはずの米国だけが何故か冴えない動きとなってしまった。

他を差し置いても、一番の恩恵を受けるのは米国であると思われるのであるが…

米国が一番の恩恵を受けるわけでは無いということなのであろうか。

昨日、人民元は対ドルで急伸し、2005年7月の切り上げ以降最高値を記録した。

昨日は、発表初日の取引日であったことから、人民銀行は介入を手控え、大幅な上昇を容認したようであるが、本日から始まる為替相場で、どの程度の上昇まで許容するのか、人民銀行の今後の取り組み姿勢を多くのトレーダーは注目している。

昨日、私は、人民元柔軟化方針は、事実上のドルベック解消となることでアジア通貨として、円のつれ高が起こることを予想していた。

これは私ばかりでは無く、多くの専門家も一般的な常識からも予想されていたことであったが、どういうわけか、ドル円相場は、寄りでは、少し円高傾向を見せたが、その後は、円高方向には向かわなかった。

この傾向は、夕場まで継続し、これではNYは、大きく上昇しか考えられないと判断し、オフェンシブ、デフェンシブ共に「買い」ポジションを取った。

昨日のNYは冴えない結果となってしまったが、米経済にとっても、日本経済にとっても、これからジリジリと始まる元高はある程度のメリットを与えることが予想され、短期的には、株価上昇がまだ続くのではなかろうかと思われる。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/22 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通

50%→寄付き

50%→指値 10450円、逆指値 10050円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

※本日、『なお、本日はオフェンシブのみ』と記載いたしましたが、昨日は、オフェンシブもデフェンシブもポジションを取っておりました。
まことに申し訳ございませんでした。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/21 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/21 結果

【オフェンシブ】
06/18  ES引け値  9960 × 売り2枚
06/21  前寄付き  10120 2枚決済 @-160円
    
            ⇒平均損益 @-160円
    
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  △  ●       - 20
  06/02  △  ○  + 20
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●       - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●       -125
  06/15  ▼  ○  + 50
  06/17  ▼  ○  + 35
  06/18  △  ●       - 60
  06/21  ▼  ●       -160
 --------------------------------------
  合計          +290   -460

6月の成績 7勝5敗 -340円
  (1枚当たり損益 -170円)


【デフェンシブ】
06/18  ES引け値  9960 × 売り2枚
06/21  前寄付き  10120 2枚決済 @-160円
    
            ⇒平均損益 @-160円

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  -  -
  06/02  -  -  
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●      - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●      -125
  06/15  -  -
  06/17  -  -
  06/18  -  -
  06/21  ▼  ●       -160
 --------------------------------------
  合計          +185  -380  

6月の成績 4勝3敗 -390円
 (1枚当たり損益  -195円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 -365円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/21 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/21 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/21 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通

100%→寄付き

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/20 中国の発表に関して

6/19夜、大きなニュースが飛び込んできた。

中国が人民元相場の柔軟性を高めると発表した。

世界中から大ブーイングが起こっていた人民元問題、ようやく中国は切り上げの姿勢を見せたことになる。

しかし、中国中央銀行は、「人民元相場が大幅に変動・変化する根拠は無い」としており、大幅で急激な通貨切り上げは避ける方針のようである。

具体的には、毎日人民元基準値を設定すると言う現在の制度を通じて、対ドルで徐々に上昇させていく…つまり2008年7月から固定されている人民元の対ドル相場約6.83レートを、それ以前3年間実施されていた管理変動相場に切り戻すことになる。

最初は恐らく小幅調整に留まるが、累積されれば大きなポイントになるし、日々進化する工程でそのスピードも段々増してくるであろうことは予め予想される。

株価は、先回りして、その変化を織り込もうとするわけで、小幅調整であったとしても、株価に与えるインパクトはかなり大きくなると思われる。

中国の為替政策への国際的な批判は、米議会で激しく続いており、これからカナダで開催されるG20サミットでも今回は問題として取り上げられる恐れが大いにある。

オバマ大統領は、ここへきて、世界経済活性化のために市場が決定している為替レートが非常に重要と強調を繰り返しており、中国へのプレッシャーを強めていた。

一方、中国側は、人民元問題は、中国の問題であり国際的な場で議論されるべきではないとワケの分からない反論を続けていたのであるが、アメリカの主張に屈したとなれば対外的にも国内的にも格好がつかないので、G20サミット開催前のこの時期を選んで、世界的な金融危機の影響を回避するための「特別措置」とした美名に名を借りて、人民元の固定に限界を感じ、切り上げは止むにおえないとした政策に踏み切ったと考えられる。

さっそくガイトナー財務長官、野田新財務相、日米揃って歓迎のコメントを述べている。

さて、これで為替と株価がどうなるのか、日本の株はどう変化するのか、大変微妙な状況にある。

ドル円は、間違い無く大きく円高に振れる事だけは間違いないと思われるが、株価がどう反応するのかとなると、少々予想が難しい。

どちらにせよ、大きく動くことは間違いないと思われる。

私は金曜時点では、どちらかに大きく動きそうだと予想し、オフェンシブ・デフェンシブ共に「売り」ポジションを取ったのであるが、結果として、NYはあまり動かなかった。

ただ、その後のこのニュースで、やはり大きく動きそうであり、一日遅れで私の予想は当たったと言えるのであろうかどうかは分からないが、円高は間違いないにしても、株価がどう動くのかは、少々読みにくい。

6月21日は、寄り付きで全て決済する事が正解かもしれないが、本来的には、盲目的に寄り付きで決済というより、不安定な相場展開となるであろうから、ザラ場で上手く立ちまわれば、どちらのポジションでも、利益が取れる可能性があると言う気もする。

さてさて、どのような展開となるのか、月曜が、不安で楽しみである。

6/19 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


NYは主要な経済指標や企業の決算発表も無く、値動きは小さかった。

プラス圏とマイナス圏を行ったり来たりの展開となった。

最終ダウ16ドル↑、ナス2ドル↑で取引終了。

ワールドカップ開催の影響かどうかよくわからないが市場も閑散として盛り上がらず、ツマラナイNY市場の展開であった。

昨日の私は、15時時点では、買いであったが、20時時点の最終判断を売りに変更した。

流れは、明らかに買いであったのであるが、夕場になって、ここ2日間NYの動きがほとんどなく、ヤケに静かな様相を呈していることが気になり始めた。

嵐の前の静けさのような感覚を覚え、そろそろ大きく動くのではなかろうかと感覚的察した。

大変動するのであれば、今の状況下、「売り」しかないと考え、思い切ってオフェンシブ・デフェンシブ共に強気の売りで勝負したのであるが、結果、私の考えとは裏腹にまた、小動きになり、私の予測は狂ってしまった。

さて、ユーロの堅調な動きが続いているが、これは、ストレステスト結果を7月末に開示する事での欧州大手銀行の健全性と透明性への期待の高まりにつきる。

内容の開示に踏み切る以上、大きな問題は噴出しないであろうと楽観的なムードが市場を支配しているようであるが、審査結果が「吉」と出る保証は無く、万が一「凶」あるいはそれに近いモノが明るみに出てしまえば、かなりの恐ろしいインパクトが生じる可能性が十分にある。

私は、欧州圏のストレステストの結果が、一時的にせよ、一度大きくマイナスに影響すると考えているのであるが、この楽観ムードを見ていると、私の考え方が間違っているのではなかろうかと、少々自信が無くなってくる。

ただ、まだ考えを替えるつもりは無い。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/18 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/18 結果

【オフェンシブ】
06/17  ES引け値  10080 × 買い2枚
06/18  前寄付き  10040 1枚決済 @-40円
     大引け   10000 1枚決済 @-80円
            ⇒平均損益 @-60円
    
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  △  ●       - 20
  06/02  △  ○  + 20
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●       - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●       -125
  06/15  ▼  ○  + 50
  06/17  ▼  ○  + 35
  06/18  △  ●       - 60
 --------------------------------------
  合計          +290   -300

6月の成績 7勝4敗 -20円
  (1枚当たり損益 -10円)


【デフェンシブ】
  見送り

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  -  -
  06/02  -  -  
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●      - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●      -125
  06/15  -  -
  06/17  -  -
  06/18  -  -
 --------------------------------------
  合計          +185  -220  

6月の成績 4勝2敗 -70円
  (1枚当たり損益  -35円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 -45円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/18 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/18 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


NYは、最終的にには、24ドル↑で終わったものの、大きく動いた。

新規失業保険件数、フィラデルフィア景況感、消費者物価指数など発表のあった経済指数は、全て弱い内容であったことから、序盤は、大きく落ち込んでスタートした。

途中、少し戻す場面もあったが、ほとんどがマイナス圏を推移していた。

しかし、引け間際に、大きく流れが変わり急騰し、ダウ24ドル↑、ナス1ドル↑で取引終了。

昨日の私は、15時時点では、売り目線であったが、夕場に入り、買い目線に変更。

最近、15時時点の目線から最終判断が変更する事が多いが、それだけ、今の市場に安定感が乏しく、上にも下にも動いてしまう要素があり過ぎるということになるのかもしれない。

昨日の買いには、あまり大きな期待は持てなかったため、オフェンシブのみ買いとし、デフェンシブは見送った。

私は、仕掛けが1日早いケースが多く、1日遅れで良い結果が生じているケースはかなりある。

もしかすると、今日、NYは大きくあげるのであろうか。

ただ、昨日は結果から判断して、見送りが正解だったようである。

さて、欧州の主要25銀行がストレステストを実施し、その内容を全て公表するとEU筋から発表があった。

リーマンショック後、米国は大手銀行のストレステストの結果を公表した。

そのため当初は、一部の金融機関の株価が急落する波乱を起こしたが、最終的に金融システムの安定化に一役買った。

その当時、欧州もストレステストを実施していたのであるが、どういう訳か、欧州はその結果を公表せず、全てその中身を伏せてしまっていた。

結果を公表しないことについて、多くの批判が集まったのであるが、欧州各国はその批判をかわし、未発表のままにしていた。

今回のユーロ危機がストレステストの公表に踏み切らせたわけであるが、これが市場の信認を得られる結果となるであろうか。

少なくとも、米国がストレステストの結果を公表した際に起こった波乱以上のものは一時的にせよ(或いは、それがきっかけで金融危機が起こる可能性もあるが)、起こるのではなかろうかと思っている。

問題の英BPの石油流出事故。

その補償金を巡って米議会が揉めているようである。

共和党の下院議員がオバマ大統領とBPが合意した補償金の拠出について「あれはホワイトハウスのゆすりだ」と激しく非難した。

これに対し、早速大統領も「地域の住民より、災害を引き起こした大企業の見方をするのか」とやり返す。

国民の感情に直結する問題だけに、米メディアで大きく取り扱われている。

どうもBPは悪役になっているようだ。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/18 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/18 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通(なお、本日はオフェンシブのみ)

50%→寄付き

50%→指値 10280円、逆指値 9880円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/17 本日のオーバーナイトポジション

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/17 結果

【オフェンシブ】
06/16  ES引け値  10040 × 売り2枚
06/17  前寄付き  10000 1枚決済 @+40円
     大引け   10010 1枚決済 @+30円
            ⇒平均損益 @+35円
    
 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  △  ●       - 20
  06/02  △  ○  + 20
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●       - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●       -125
  06/15  ▼  ○  + 50
  06/17  ▼  ○  + 35
 --------------------------------------
  合計          +290   -240

6月の成績 7勝3敗 +100円
  (1枚当たり損益 +50円)


【デフェンシブ】
  見送り

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

        予想 結果  勝ち   負け (単位:円)
 --------------------------------------
  06/01  -  -
  06/02  -  -  
  06/04  ▼  ○  + 25
  06/08  △  ●      - 95
  06/09  △  ○  + 10
  06/10  △  ○  + 25
  06/11  △  ○  +125
  06/14  ▼  ●      -125
  06/15  -  -
  06/17  -  -
 --------------------------------------
  合計          +185  -220  

6月の成績 4勝2敗 -70円
  (1枚当たり損益  -35円)


【合計利益】
オフェンシブ(1枚)、デフェンシブ(1枚) 合計 +15円

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/17 15時時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/17 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


住宅着工件数が、5か月ぶりの低水準との発表で、NY序盤は、冴えない展開。

一時70ドル↓となって推移していた。

その後、鉱工業生産が予想を上回る好調な数値を示し、3カ月連続のプラスとなったことで、上昇に転じた。

また、オバマ大統領の会見も上昇を手伝い、ダウは何とかプラス圏を推移した。

ダウ4ドル↑、ナス0ドル↑と前日とほぼ同水準で取引を終了。

昨日の私は、日経ダウに勢いを感じて、15時時点では「買い」の予測であったが、閑散とした夕場の市場の状況を見て、目線を「売り」に変更した。

それほどの確信があったわけではなかったので、オフェンシブのみ「売り」で臨んでみたのであるが、結果から察すると「見送り」が正解であったのかもしれない。

昨夜のNYは、売りにしても買いにしても材料に乏しく、何を当て込んで売買すればよいのか、分からないまま、ツマラナイ相場展開であったような気がする。

こういう時は、手を出さずにジッとしている事が一番よいはずである。

さて、オバマ大統領は、英石油大手BPと会談後、メキシコ湾原油流出事故の補償に関して、新たな基金創設の合意につき、明らかにした。

「BP側が負担する賠償額200億ドルは、大きな金額ではあるが、これが賠償額の上限ではない。BPは強い企業であり、このことくらいで消えてしまうようなことはなく、存続するであろう。」と語った。

BPは事故以来、その株価は半分にまで落ち込み、格付けも6段階下げられた。

しかし、オバマ・BP会談で資金拠出の合意が見られたことから、市場では不透明感が後退したとして投資家心理の改善がみられ、株価全体の上昇に一役買ったようである。

一方、欧州では、スペインが、資金繰り支援を要請する必要はないと不安払拭に躍起になればなるほど、市場はスペインの財政懸念がますます広がってくるというおかしな現象がみられているようである。

著名投資家、ジョージソロス氏は、セミナーで欧州危機に関し、ドイツなど一部の国では、ユーロ安を追い風にして良好な状況が一時的にあろうが、他の多くの欧州諸国では、需要が低迷し、銀行システムが脆弱な事も手伝い、深刻さが生じてくる可能性があり、無理な財政再建は、景気の下方スパイラルに陥る危険性があると警告したようである。

現在、まるで欧州不安が払拭されたような市場の雰囲気を感じるが、私も、欧州不安は、今後も市場を大きく動かす可能性が高い事象であり、大きなポジションでの勝負は、慎重な態度が必要であると考えている。

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

6/17 9時半時点の私の見解

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

6/17 本日の決済

オフェンシブ・デフェンシブ共通(なお、本日はオフェンシブのみ)

50%→寄付き

50%→指値 9840円、逆指値 10240円 大引けまで刺さらなければ、大引けにて成り行き決済

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。