スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/24 昨日のNYの動き

昨夜は、NYダウ109ドル↓、ナスダック10ドル↓となり、「してやったり」と内心「ニンマリ」の私であるが、為替のいたずらで、CMEの日経自体はさほど下がっていない。

NY市場は、前日引け後のアマゾンやトラベラーズの好決算や、日経を除く(笑)世界のほとんどの市場での上昇気運、マイクロソフトの予測値より上に行った決算などに乗せられ、小高くスタートした。

NY寄付き後に、中古住宅販売が好調だったことを受けて、一瞬、暴騰するような動きを見せたのも束の間、悪材料などは特に無いのであるが、得意の「材料出尽くし」から、一転下げに転じ、マイナス転換してしまう。

一時は、150ドル近く下げたこの状況、本当のところは理論的に説明できるはずも無いが、「利益確定売り」だの「材料出尽くし」だのの意味の無い説明に終始する専門家は多い。

きっと多くの専門家は、「解らない」という事が、恥になるとでも考えているのであろうか。

私は、解らない事は「解らない」と言ったほうが、好感や信頼が持てるのであるが、今のところ、私が好感や信頼が持てると思った専門家は皆無である。

ただ、1つ説明できる事は、中古住宅販売の指標が発表された時の動き。

予想より上であった、この指標の発表により、一旦上げる。

しかしながら、これは、米国の政策的な税制である、住宅取得控除の恩恵を受けるための駆け込み需要であると冷静に判断されたのであろう。

この税制は、来月までの時限式の税制であり、この税制が効力を失った後の住宅需要の悲惨な状況を市場参加者が、思い起こしたのであると思われる。

さて、来週の注目は、決算発表だけではない。

実は米国において過去最大の国債入札が実施されるのである。

26日 5年物価連動債 70億ドル、27日 2年祭 440億ドル、28日 5年債 410億ドル、29日 7年債 310億ドル。

この合計1200億ドル超にも及ぶ大量入札を控え、市場の需給が悪化する懸念が広まっているようである。

もしかすると、この国債入札の懸念が、昨日のNYの下落の一端を担いでいる可能性があると思われる。

昨日、株価を少し下げておくことが、国債入札の運営をスムーズにして、市場の混乱を防ぐための手段だったとすれば、物凄いシナリオであると思うが、それは私の考えすぎか。

私は、米国の国債入札がある時期には、相性が悪く、お世辞にもいい勝率であるとは言えないため、来週は特に慎重を期する必要性をヒシヒシと感じているが、攻める時は、キチッと攻め、守るときは、ガシッと守りたいと考えている。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。