スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/28 昨日のポジションとNYの動き

ダウが上がりナスが下がる。

奇妙な現象であるが、たまに現れることがある。

しかしながら、昨日は、終値でダウ14ドル↑(+0.14%)、ナスダック25ドル↓(-1.2%)と割合で見ると滅多に見ることのできないアンバランスな状態となった。

私は、この現象に今週始まった大型国債入札成功のための思惑が深く関わっているのではなかろうかと踏んでいる。

国債入札自体は、受給の悪化懸念があったようであるが、大きな混乱も無くスムースに推移した模様である。

国債入札は、あと2日あるが、この2日間も無事乗り切りそうな感があるが、狂うのであれば本日であると思われる。

最終日は、何としてでも好調に終わらせるはずである。

米国において国債入札がある時は、株価の変動は小動きであることが多く、昨夜も「売り」目線でいたのであるが、大きな動きは無いと踏み、オフェンシブのみポジションを持った。

一応成功した模様であるが、それよりも昨日から私独自の新手法を導入し、それが功を奏した。

私は、オプションのショート、特にネイキッドでのショートはすべきではないと考えていたが、昨日のようにあまり大きく動かないと予想されるときは、オプションのネイキッドショートをすることを導入してみた。

つまり昨日は、コールをショートしてみたのであるが、「してやったり」の結果となっている。

昨日発表された、消費者信頼感指数は、前月比低下し8ヶ月ぶりの大幅悪化となった。

GDPは少なくとも3%プラス成長が見込まれている中、全くの矛盾した内容で、労働市場と消費の弱さが露呈し、これからの経済見通しに暗雲が立ち込めている。

また、住宅価格動向指数は、4ヶ月連続上昇となったようであるが、11月で住宅取得に関する減税措置が終了するため、今後の動きは明らかに下落に向うであろう。

長期的なトレンドとしては、下向きであることは間違いないが、一直線で下落するわけではないため、どこで反発してくるかを読みつつ、上昇と下落の波を泳ぐ舟の舵を上手く切って行きたい。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。