スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30 昨日のポジションとNYの動き

オフェンシブ・・・見送り

デフェンシブ・・・見送り


前日の米市場と日本市場を見る限り、15時時点では、まだ下がると考えていたが、夕場になって雲行きが変わってきた。

下げ止まり気運がでて、上昇に転じる気配さえ感じて来たので、「売り」を「見送り」に切り替えた。

しかし、「買い」までに達することができず、残念に思っている。

そしてNY株式市場は見事切り替えしてきた。

ダウは199ドル↑、ナスダックは37ドル↑まで達し取引終了した。

11月の最終日であっただけに有終の美を飾りたかったことも事実である亜g、オフェンシブをマイナスにさせたくなかったことも事実で、今月1ヶ月を通して私の弱気がかなり成績の足を引っ張ったように思える。

このような時は、私の場合、気持ちを切り替える必要性があり、月が替わるこのタイミングで、切り替えを行えるよう、頑張っている。

さて、何と言ってもNY市場を大転換させたのは、GDP速報値。

市場予想を上回ったプラス成長で、輸出入の大幅伸びや企業利益の持続的な回復への期待などが高く評価され、株価上昇に繋がったようである。

しかし、一方では政府の刺激策(自動車買換え、住宅購入税額控除)が大きく寄与したもので、実質的なものとはかなりかけ離れているとの意見もあり、今後の政府刺激策の薄れ、労働市場回復遅れなどから、厳しい展開となるという意見も囁かれているようである。

また、株高により昨日の債券市場は売りが先行し、利回りが上昇したため、7年債の入札は不調に終わったようである。

FRBはこの入札をもって3000億ドルの国債買い入れプログラムの完了を発表した。

話は、変わるが、前々日、ゴールドマンサックスはGDPの見通し引き下げを発表し、株を大きく下げる原因を作った。

しかしながら、昨日のGDP発表においては、好結果の発表となり、株は大きく上げた。

ゴールドマンサックスの見通し引き下げで悲観的な見方が市場に蔓延していただけに昨日のGDP好結果発表は、倍以上に匹敵する威力だったと思われる。

かわいそうなのは、記事をまともに信じ、素直な行動をとる一般投資家である。

一昨日の下げと昨日の上げを往復で取り、「シメシメ」とほくそ笑んでいるのは、ホンの一部の集団である。

これでは、まともに株を取引しても、儲かるわけが無い。

お金は情報を持っている一部の人間に独占されているといういい例だと思う。

私は、ゴールドマンサックスの一昨日のGDP見通しの悪い発表は綿密に計算された、昨日の株価上げまでを想定したシナリオの一部であったとしか見えない。

私は、一昨日のゴールドマンサックスの発表に胡散臭さを感じたのではあるが、その胡散臭さに対して、ノーアクションで通してしまった。

私の課題は、以前からほとんど変わっていないが、メンタル面の強化である。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。