スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/26 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+・・・売り)

オフェンシブ・・・売り

デフェンシブ・・・売り


NY市場は、小幅高、ダウ30ドル↑、ナスダック6ドル↑で引けた。

昨日も盛りだくさんな指標の発表があったが、好材料、悪材料まちまちであったが、全体的には好感されたように感じる。

また、明日のサンクスギビング休場を控えて様子見ムードもあり、薄商いに終わったようである。

それよりも、昨日は、なんと言っても為替の動きが、キーポイントであろう。

ドル円は、88円を割り込みあっという間に87円台になってしまった。

NHKの7時のNEWSで「急激な円高」として報道されたほどである。

これでは前日発表されたせっかくの貿易収支連続黒字などあっさり吹き飛んでしまうであろう。

米国でもFOMCと議事録でドル安を秩序あるものだとしたことが話題となり、ますますドル安に拍車をかけている。

複数の有名アナリスト達は、このままドルが下落し続けると2012年には米経済は破壊的な打撃を受けると警笛を発している。

私は昨夜の円高ドル安の急激な変化を重大に捉え、迷わず「売り」のポジションをとったのであるが、さて本日の日経ダウがどのように動くのか期待もあるが、不安もある。

国民の多くは以前から大安売りの値引き合戦の渦中にあり、良い悪いはともかくとして数多くの喜悲劇を生んでいる。

ここへ来て、政府もデフレ宣言を発した。

にもかかわらず、通貨の番人である日銀は、デフレをなかなか認めようとはせず、いまだに金融緩和の強化には慎重姿勢をとっている。

これに対し、亀井大臣を筆頭に多くの政治家たちが、寝ている日銀を批判しているようであるが、このような状態を世に晒すということは、チグハグな日本の姿を浮き彫りにし、世界中に暴露しているわけで、世界のマネーが日本から逃げていくのは、当然の成り行きなのかもしれない。

いまや日本経済や株式に不安要素は沢山あるが、期待するところがあるであろうか?
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。