スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/23 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 見送り)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


日本は、本日、祝日のため市場は開かない。

やっと始ったかのように見える政府・日銀の一体化した本格的なデフレ対策、いわゆる円安と株高の演出がどこまで市場を動かす事が出来るのか。

現在のところ、口先介入だけであり、何ら行動を伴っていないところがあると思われるので、何らかの具体的な行動を起こさないと、すぐにメッキが剥がれる可能性はあるが、暫くは買いムードが続き、大きく下がるということは考えにくいと思っている。

本日が祝日でなければ、昨日は、「買い」で入ったと思うが、本日のNYの動きが全く見当もつかなかったため、ポジションは全く持たず、オフェンシブ+まで見送りとした。

昨日のNYはやはり堅調に推移し、ダウは50ドル↑、ナスは15ドル↑と上値を追って引けた。

NY市場も景気回復期待かその他の何らかの力が働いているのか、分かりにくいが、強い動きを続けていることは確かである。

問題は、本日のNYの動き。

あっさりと上値を追えるのかとなると、本日辺りに調整が入る可能性も多分にあり、今のところ何とも言えない状況である。

昨日発表の中古住宅販売戸数は、約3年ぶりの高い水準となり、前年比では、過去最高の伸びを記録したようである。

これで住宅市場は、決定的な転換点となれるのか。

現在、税制により、住宅取得に対する税控除が行われている現状が取り払われる時、どのような動きを見せるのかがカギになると思われる。

しかしながら、この税制、一旦延長がなされたことは記憶に新しいが、再再度の延長ということも考えられる。

その場合は、延長のアナウンスメントがなされた直前直後の住宅市場の状況がどのように変化するのかが、一つの判断基準となる。

また、朝方には、GDP確報値の発表もあったが、こちらは予想以上の下方修正となったものの、株価にはほとんど影響を与えることは無く、限定的であったようである。

気になった記事としては、日本の株式市場にはあまり影響を与えないかもしれないが、ムーディーズが先日、ギリシャを格下げしたことは記憶に新しいが、その反応として、ギリシャ国債のドイツ債に対するスプレッドが縮小し、ギリシャ株式市場は、上昇した。

私は、アナリストが嫌いである事は、過去、何回か書いているが、その塊であるムーディーズやS&Pのような格付け会社というのも当然に嫌いで、世の中の役に本当に立っているのであろうかと考えることが、良くある。

格付け会社がリーマンブラザーズの破たんに一役買ったことをご存じであろうか。

いわゆる、「サブプライムローン」問題は、販売されたCDO債権が、紙くずになったことが原因であるが、そのCDO債権の組成に当たり、格付け会社は一定の役割を果たしているのである。

自らが組成に、協力した債権のリスクを見積もり、AAAだのAA+だのの格付けを行ったわけであるから、リーマンショックの責任の一端は、格付け会社にもあることを、認識すべきである。

話が横道に反れたが、ムーディーズのギリシャ部門代表アナリストは、今後12~18カ月間にギリシャの再度の格下げがあり得る事を示唆したようであるが、これにより、どのような動きを見せるのか、私は興味を持って観察している。

個人的には、ギリシャにおける更なる株価上昇を望んでいるが、どのような結果となるであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。