スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/30 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 買い


NYは7日ぶりの反落。

とはいっても、プラス圏での推移から引け際に少し下げた程度で、ダウ1ドル↓、ナス2ドル↓とほぼヨコヨコの動きであった。

消費者信頼感指数が、改善方向を示したが、ケースシラー住宅価格指数は、ほぼ変わらずで予想通りとはならなかったようである。

全般的には景気回復への期待感が引き続き相場を支配していたようであるが、6日間続伸、高値更新は過熱感もあり、引け際に少し下げて、冷静な終値となったようである。

昨夜は、株価はともかくとして、ドル円が2か月ぶりの高値で92円をつけたことが、注目できる。

日本株にとって色々と心配事が沢山あるが、円安は、日本株にとっては一番の薬であり、政府も企業もホッとした正月を迎えられる事になるのではなかろうか。

問題は、この一応、何とかなりそうな状況がいつまで続くかということであるが、国の借金が、膨大に膨らみ、国民の持つ家計の貯蓄に頼って借金を重ねてきた日本の財政の構図に限界が見え始めたとの記事が目につく。

9月末で家計資産に対する借金比率は、66%まで上昇し、過去最高の水準となった。

このまま進むと2020年までに借金が家計資産を逆転する水準となった。

国民所得も前年比7.1%減少し、6年ぶりの減少した。

統計作成以来の最大の落ち込みという発表であり、年明けからは、イヤな空気が蔓延しそうである。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。