スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/16 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


NYは、ほぼ一本調子の上昇を続け、買いムード溢れる明るさを取り戻した。

ダウ230ドル↑、ナス61ドル↑で取引終了。

ダウは、約1か月ぶりの高値。

S&P500は、年初来プラスに転じた。

住宅建設業者指数の低下やギリシャの格下げなどものともせず、世界各国すべての株価が上昇。

ユーロは、回復を示し、原油も一か月ぶりの高値となった。

昨日の私は、ブロマガ15時時点の視点では、「売り」としたが、その後、買い目線に変更した。

しかし、イブニングの後半、先物があまりにも高くなり、これではNY100ドル以上の上昇が見込めないと利益確保が難しいことから、オフェンシブ、デフェンシブ共に見送りとしてしまった。

NY上昇にはいささかの自信があったのであるが、せいぜい100ドルがいいところと思ったことがズレを起こしてしまった。

さて、日本政府は、5月まで景気は着実に持ち直してきているとした月例報告書の基準判断を上方修正し、回復の文言を盛り込むとした。

これで、事実上、景気回復宣言となる6月月例報告書は、政府より18日に公表されることになる。

また、EUの執行機関である欧州委員会は、EU加盟国の財政緊縮の進捗調査を行った。

その結果、不安視されていたスペインとポルトガルの財政緊縮計画は、十分に積極的で、○の判断。

その一方で、あまり問題視されていなかった、キプロス、デンマーク、フィンランドの3カ国に対しては、GDP比率3%以内に抑えるEUの安定成長規定に違反している疑いありとされ、×の判断がなされた。

EU27か国加盟国のうち、EU規定を完全にクリアしているのは、ルクセンブルグとブルガリアの2カ国のみとされ、他は、何の判断もされていない発表となった。

EUけん引役ドイツ、フランスの調査結果は、一切伏せられ、この内容はわからない。

なぜだろうか、気になって仕方が無い。

欧州においては、そのほか、スペイン、アイルランド、ベルギーの国債入札が好調に終わったことで、欧州の株価や、ユーロ上昇に一役買った結果を作ったが、その利回りは、かなり高くなり、調達コストは大幅に上昇した。

良い結果の裏に、不安が残されている。

欧州経済を巡る不透明感は強いが、市場心理は、楽観論に傾きつつある現状。

あるアナリストが、日本株について高くなったら弱気、安くなったら強気で構えることが肝心と言っていた。

確かに最近の動きは、ボックスの動きと感じる場面もあるが、私は、この「楽観相場」と言われる動きは、実はチキンレースの様相を呈しているのではなかろうかと感じている。

現在までのところ、安くなったところで買うことにより、利益を得られるケースが多いようであるが、この梯子がどこで外されるのか、外されることは、ほぼ決まっていると思われるのであるが、それを知りつつ、買い向かうリスクを取るのは、かなりの自信が無い限り行うべきではなかろう。
スポンサーサイト
プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。