スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/19 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


NYは主要な経済指標や企業の決算発表も無く、値動きは小さかった。

プラス圏とマイナス圏を行ったり来たりの展開となった。

最終ダウ16ドル↑、ナス2ドル↑で取引終了。

ワールドカップ開催の影響かどうかよくわからないが市場も閑散として盛り上がらず、ツマラナイNY市場の展開であった。

昨日の私は、15時時点では、買いであったが、20時時点の最終判断を売りに変更した。

流れは、明らかに買いであったのであるが、夕場になって、ここ2日間NYの動きがほとんどなく、ヤケに静かな様相を呈していることが気になり始めた。

嵐の前の静けさのような感覚を覚え、そろそろ大きく動くのではなかろうかと感覚的察した。

大変動するのであれば、今の状況下、「売り」しかないと考え、思い切ってオフェンシブ・デフェンシブ共に強気の売りで勝負したのであるが、結果、私の考えとは裏腹にまた、小動きになり、私の予測は狂ってしまった。

さて、ユーロの堅調な動きが続いているが、これは、ストレステスト結果を7月末に開示する事での欧州大手銀行の健全性と透明性への期待の高まりにつきる。

内容の開示に踏み切る以上、大きな問題は噴出しないであろうと楽観的なムードが市場を支配しているようであるが、審査結果が「吉」と出る保証は無く、万が一「凶」あるいはそれに近いモノが明るみに出てしまえば、かなりの恐ろしいインパクトが生じる可能性が十分にある。

私は、欧州圏のストレステストの結果が、一時的にせよ、一度大きくマイナスに影響すると考えているのであるが、この楽観ムードを見ていると、私の考え方が間違っているのではなかろうかと、少々自信が無くなってくる。

ただ、まだ考えを替えるつもりは無い。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。