スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/1 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


寄り付き前に発表されたADP民間雇用者数は、予想を大幅に下回り、失望を誘う内容であった。

発表直後、ダウ先物や為替に大きな影響を与えたが、NYダウが寄り付いた後は、内容の割には大きな影響を与えず、順調なスタートを切った。

日本時間AM3時までは、NYダウはほぼ、プラス圏を推移しており、私は、NYダウ引け直前の、急騰をひそかに期待していた。

しかしながら・・・である。

天敵ムーディーズのスペイン格下げの「見通し」の公表により、NY株は一気に急落に転じてしまったのである。

ムーディーズの「見通し」によれば、3カ月の間、見直しをしてその後、引き下げる公算があるとのことで、まだ、格下げを断定したわけでもなく、また、S&Pやフィッチにおいては、既にスペイン格下げを発表しており、何ら目新しさも無いのに、この動きは、一体、何が起こったというのであろうか。

無理に理屈をつけて考えてみれば、ECBの3カ月物オペで欧州系金融機関の資金繰り不安が後退し、危機の和らぎが市場の安心感を誘っていた祖仲のタイミングであったことから、ショックが大きかったという事なのかもしれないが、いかんせんこの「格付け会社」には、助けられる事もあるが、傷をつけられる事の方が多い気がする。

最終的にダウ96ドル↓、ナス25ドル↓で取引終了。

本日は、7月の初日、良いスタートを切りたかったのであるが、マイナススタートとなってしまった。

私の場合、初日は何故かマイナススタートが多いので、あまり気にはしていない。

昨日の私は、15時時点では売りであったのであるが、夕場に入り、ユーロの調子が戻ったことを知り、あまりにも下がりきった株価に変化を期待して買いに変更した。

結果的に、寄付き時点では大きなマイナスを被ってしまったが、これは突発的な事象による負けであり、相場を張っている以上、仕方の無い事ではある。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。