スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/2 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


アメリカ株によほどのことが無いと、NHKの早朝NEWSには顔を出すことがないのであるが、今朝のNHKの早朝NEWSのトップを飾ったのは、アメリカ株の状況であった。

リーマンショックに次ぐ大事件かと思いきや、内容は発表された米経済指標の数々の不振で、NY株が大きく落ち込み、米経済の先行きに暗雲が立ち込めたとしたものであった。

大きな事件が起こったわけではなく、この程度で何故、トップニュースとして報じられたのか、NHKには聞いてみたいものであるが、報道時には、まだNYの引け前であった事は事実である。

最終ダウ41ドル↓、ナス7ドル↓で取引終了。

終値だけ見れば、平凡な結果。

トップニュースで報じるほどでもないと思うのは私だけではあるまい。

笑ってしまうのは、NHKが報じた途端、下に下に推移していた日経が息を吹き返した。

このトレンドが続くかどうかはわからないが、このように報じられる時が、トレンドの転換点になることはよくあることである。

ただ、米国不振の経済指標は、新規失業保険申請件数は2週ぶりの高水準、ISM製造業指数は半年ぶりの低水準、
住宅販売保留指数の低下率は過去最大、30年固定住宅ローン金利は、統計を取り始めた1971年以来の低水準などどれもこれも悪いものだらけであり、おまけに中国の製造業PMIの低下、中国株が急落したことなどから、一時150ドル以上の下落に追い込まれた状況を見る限りにおいては、NHKのニュース制作サイドの意図もある程度はうなずける。

底なしの株価下落を想像してしまい、これからどんなことになるのであろうと不安になるのは、当たり前のことである。

冷静に考えてみると、最悪の状況下、下がりに下がったNY株が昨日は、後半、どうして値を戻したのか、理由が釈然としない。

ある意味、不思議な現象である。

悪いものが全て出尽くし、これ以上値を下げることは無いと判断した大きな力の作用か、あるいは政府筋の介入か、それともその双方か。

一般の投資家には、この状況下、買うことは非常に困難な選択であると思われる。

とはいえ、私は、昨日は、買い目線であり、最終的にもオフェンシブのみ買いで入った。

NY株の推移を観察していて、間違った判断を下してしまったかと考え込んでいたが、これ以上の下げは、何らかの力が働き、必ず一旦止まるという確信にも似た自信が一方ではあった。

そんな中、ムーディーズのスペイン格下げにより、ユーロ圏債務危機問題が再び懸念されていたが、ECBの3カ月物オペやスペインの5年債入札など、ユーロ圏市場のイベントが無事にこなされたことから、安心感が広がったのか、ユーロドルが5週間ぶりの高値を付けた。

状況から、米ドルは、主要通貨に対して、幅広く下落。

ドル円などは87円を割り込む動きを見せたほどである。

昨日は、徹底した「アメリカ売り」の日であった。

欧州危機よりも、実は米国自身の経済不安の方が深刻なのではなかろうかと評するアナリストも出現しているようである。

ただ、私は、どちらが危ないとかそういうレベルではなく、世界規模でヤバいにおいが充満しているが、ここ最近、私は、買い持ち越しをして、ボロ負けという状況。何とかしなくてはいけません。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。