スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/23 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


昨日の夕場、寄り付きは順当であったのであるが、途中からグングンと値を上げた。

こんなにも上がる理由もわからないまま観察していると、NYのニュースからまもなく中古住宅販売件数の発表があり、市場は、住宅減税が終了したことで、大きくマイナスに振れる予測とのことであった。

にも関わらず、NYダウ時間が居と日経先物夕場価格が異常に上昇を続ける。

これは、おかしいな。と思っていたのであるが、案の定、NYダウは、大幅上昇してスタートを切り、その後の中古住宅販売数の発表で市場予測を大幅に上回る好結果を示し、健全な水準に戻りつつあるとの評価が下され、住宅関連の株価を一斉に上昇させた。

発表の時点では既にNYダウは200ドル↑を示していた。

日経夕場終値も、大引けより180円↑の9380円を示して引けていた。

発表後に上昇するなら解るのであるが、その前に完璧に買われている。

これはどうみても情勢が漏れているとしか思えない現象である。

はっきりした理由が確認できない上昇がかなり長い時間続いたことで発表の時には、すっかり上がりきっていると判断して、いくら良い状況であったとしてもとてもじゃないが、買う気にはなれなかった。

オフェンシブ・デフェンシブ共、見送り以外は有り得なかった。

NYは中古住宅ばかりではなく、景気先行指数もマイナスであったが、いずれも予想ほどの悪化は見られず、そこそこの結果であった。

ただ、新規失業保険申請件数は、予想を下回り冴えない状況になった。

そして企業決算は概ね好調で、キャタピラー、3M、UBS、AT&Tなど増益で引け後のマイクロソフトも好調決算を発表した。

最終NYダウは、201ドル↑、ナス58ドル↑で取引終了。

さて、昨日に引き続き、バーナンキFRB議長の2日目の議会証言が行われた。

前日に引き続き景気に対して慎重な見方を示した一方で、短期的に適度な財政刺激を維持するべきとした現状の説明であった。

前日注目を浴びた「異例に不透明」発言はさすがに内外の反響が大きかったのか「最新のFRBアンケート調査に基づく文言を引用した」とわざわざ説明を加え、言い訳をしたようである。

訂正とはならないまでも、昨日発した発言に翌日になっていちいち説明を加えなくてはならないとは、珍しいことであると思われるが、バーナンキ氏自体も、この「言葉」に市場がこれほどまでに大きく反応するとは思ってもいなかったのであろう。

ただ、この言葉さえなければ、一昨日の100ドル以上の暴落は、相当緩和されていたのかもしれず、私としては残念至極である。

バーナンキ氏の議会証言は、1日目と2日目でほとんど内容は変わっていないのであるが、1日目は大きく下げ、2日目は、大きく上げた。

その他の条件があるにしても、この2日間、いかにも不自然な動きに終始したと思われる。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。