スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/3 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


昨日の日経ダウのザラ場は、読みどおりの上昇で、あとほんのわずかで200円の利確水準に達するところまで上昇したのであるが、後場に入って、雲行が怪しくなり、せっかくの高値が引けでは寄り付きの価格の水準以下に戻されてしまった。

このまま下落トレンド突入かと思いきや、夕場に入り再度、息を吹き返す。

こうなると、大引けの価格はなんだったのか?と頭にくる。

昨日の大引け決済は、ツキの無い典型であろうか。

昨夜の私は、オフェンシブ、デフェンシブ共に見送りとした。

理由は、夕場の先物価格があまりにも急上昇しすぎたことにある。

NY市場寄り前の状況は、発表された企業決算の好調と欧州金融機関の好決算により欧州株急騰、それにISM製造業景気指数が低下はしたものの予想を上回ったことなどによる完全な上昇の条件がそろい、NYが寄り付くとすぐに170~80ドル↑を記録した。

欧州以外の世界の株価は、すべて上昇しており、当然ユーロも原油までも上昇し、もう下げる要素が見当たらないような強すぎる市場状況になってしまっていた。

こういうときは、下がらないにしても寄り付きで、上がりきってしまっているため、それ以上の大きな上昇はなかなか期待できないので、先物の「買い」はあまり美味しいポジションではない。

経験上、オフェンシブのみ買うか否かを迷ったが、すべて「見送り」とした。

先物の「買い」はあまり美味しいポジションではないが、こういうケースでは、プットのショートに妙味がある。

ネイキッドのしかもプットのショートは、とてもリスキーではあるが、昨日のようなケースでは仕掛けても良いかもしれない。

最終NYダウは208ドル↑、ナス40ドル↑でNY寄り付き時点からは、さほど上昇しないで取引終了した。

バーナンキFRB議長の講演が大きくニュースとなっている。

「多くの国民は、失業や住宅差し押さえ、そして貯蓄の減少などに直面して苦しんでいる部分もあり、経済の完全回復への道のりは遠いとしながらも、消費支出は収入の増加と信用回復に伴い、向こう数年先には加速するであろう。そしてまだ続く財政刺激策が景気回復の維持に貢献することは間違いなく、時間は要するが経済は徐々に改善する傾向にある」と述べた。

また、欧州金融機関のストレステストの件にも触れ、結果発表が懸念を払拭したとも語った。

バーナンキは、全集の発言でポカをやらかしたこともあり、批判を浴びていいたが、今週の講演は無難にこなしたようである。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。