スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/6 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


NYは、3日連続の値幅が少ない動きとなった。

NY市場に迫力が見られない状態の中、方向性を予想するのはなかなか難しい。

おそらく、本日発表の雇用統計をにらんでの様子見であろうと思われるが、本日、NYは大きく動くのであろうか。

昨日は、NYダウ寄り付き前に発表された新規失業保険申請件数が予想以上の増加が見られたことや小売各社の販売に関する指数も冴えなかったことから、上値の重い展開となった。

安値スタートで、その後、下げ幅を縮小する動きもあったが結局動きの鈍いつまらない展開で終始した。

ダウ5ドル↓ナス10ドル↓で取引終了した。

各方面で今夜の雇用統計がすべてを決めるかのごとく大げさに報道されているが、得てして、ここまで注目をあおられた場合、たいしたことなく終わってしまうケースも多い。

私は、本日の雇用統計の発表は、市場に大きなインパクトを与えないのではなかろうかと思っている。

昨日の私は、日経ザラ場が開始されてから、終始売り目線で臨んでいた。

夕場でもその目線をかえることは無かったが、新規失業保険申請件数の弱い内容で価格は下落したものの、大きく落ち込むまでにはいたらないし、トリシエ会見でも反応が薄かったため、どちらにも大きく動くような大きな力は働きにくく、上がるにしても下がるにしてもたいした値幅は、取れないと判断し、オフェンシブもデフェンシブも見送りとした。

こんなときは、オプションのショート戦略が有効となる。

私はコールを少しだけ売ってみた。

最近、オプションのネイキッド売りを良くやってしまっているが、その内、ドカンとやられることもあるであろうから、注意が必要だと自分を戒めている。

もし、「ドカン」とやられたときは、このブログで、公開するので、楽しみにしていていただきたい。

もちろん、一発で退場となるようなポジションは私は取らないと言い切れるが、それでも負けるときが大きいのが、オプションの裸売りである。

さて、ECBが過去最低の政策金利据え置きを理事会で決定した。

トリシエ総裁はユーロ圏が想定以上に回復しているとしながら、金融危機に対し、勝利宣言を発することはしなかった。

また、気になる出口戦略の是非は、9月の理事会に先送りしてしまったが、ほのかな期待を持たせる発言もあった。

そしてストレステスト結果に対する前向きな反応、ソブリン債を巡る懸念の緩和などが、ユーロ圏経済の今後の支えになるであろうと述べた。

また、最近、穀物価格の高騰が気になるところであるが、ロシアが年内一杯小麦などの穀物類の輸出禁止の生命を出した。

異常気象による国内食物の価格上昇をストップさせる措置と思われるが、これで世界の穀物相場がより上昇することになる。

世界的食糧危機再燃の恐れが高まってきており、これは、大きなインパクトを市場に与える可能性があると思われる。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。