スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/10 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


NY市場は、薄商いの中、反発した。

前日発表の雇用統計があまりにも弱かったことでFRBによる追加景気刺激策に新たな方針が示されるのではないかとの期待感が膨らんだことから買いが少々優勢となったと言われている。

ダウ45ドル↑、ナス17ドル↑で取引終了したが、決して力強いものではなく、楽観ムードに乗っただけの恐る恐るの動きという印象を受ける。

しかしながら、雇用統計が悪いからFRBに期待がかけられ、株価が上昇しているというこの状況、何か変である。

いまや、FRBのFOMC声明に期待するしか、上昇が見込めないとすると哀れな話で、市場はそんなにも悪いのかとの見方も浮上するとの考え方を示しているあるアナリストの談話が私には非常に気になる。

昨日の私は9時半に買い、15時時点では売りの予測でブロマガに掲載したが、夕場に入り、価格は上昇したが、売りの目線は変えず、オフェンシブ、デフェンシブ共、そのまま売りポジションを取った。

雇用統計の弱さがどうしても気になっていたからである。

さて、先日指摘したロシアの穀物輸出禁止措置が話題を集めている。

今のところロシア以外の各国は方策で、この措置での影響はほとんどないとした強がった主張や、これが世界の食糧危機の幕開けなどと不安をあおる意見など様々な見解で分かれているが、ロシアプーチン首相は、輸出禁止を年末までとしている期限を延長する可能性を述べ、一段と騒ぎを大きくしている。

これは、実際の食料の需給問題と関係の無いところで、あまった資金が格好の投機材料と言わんばかりに、穀物市場に流入し、混乱をきたす可能性を示唆しており、穀物相場で一稼ぎと、せっせとシナリオを考えている輩が、居るような気がしてならない。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。