スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/11 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


中国輸入鈍化発表で、頼みの中国経済が減速する懸念や欧州株の続落などでNYは売り先行で始まった。

その後は、FOMC声明発表まで様子見が続いていた。

さて、声明の内容にはサプライズは無く、大方の予想通りFRBが保有する住宅ローン担保証券(MBS)の償還資金などを米国債に再投資するとの発言が好感を持たれ、買い優勢に転じ、一時プラス圏を回復したが、最終ダウ54ドル↓、ナス28ドル↓で取引終了した。

長期国債への再投資は市場評価はソコソコであったが、経済がかなり勢いを失い景気減速していることをFRBが認めたことになり、喜んでばかりはいられない。

又、問題がある限り流動性を供給していくという文言は、状況に応じてFRBは今後も様々な手を打つ姿勢を強調したことになり、これが好ましいことなのか或いは多くの問題がまだあるということの前兆なのか、判断はとても難しい。

昨日の私は、9時半時点、15時時点共に「売り」目線で臨んでいた。

しかし、夕場に入りあまりにも下がりすぎた先物価格にこれ以上売り込む気は、失せてしまった。

むしろ買いたい気分にもなりかけたのであるが、オフェンシブ、デフェンシブ共に「見送り」とした(オフェンシブ+は買い)。

そして、又、プット売りを少々手がけたが、どうも今回は上手く利益が取れそうに無い。

昨日はFOMC声明がすべてでNY株が推移をしたようだ。

この発表の結果は、単純に捕らえれば、株上昇、ドル下落であった。

米国の思惑通りなどと言うアナリストも居るが、この結果で、日経がどのような影響を受けるのであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。