スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/26 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


前日のS&Pによるアイルランド国債の格付けの引き下げや寄り付き前に発表のあった耐久財受注、新規住宅販売件数など軒並み市場予想を下回る悪い材料のオンパレードでは、NY株式市場はどうにもならない。

当たり前のように安値スタートを切り、すぐにダウは1万ドルの大台を割った。

その後、NYダウは1万ドルの大台を行ったり来たりの展開が続いたが、引け際に特に材料があったわけではないのであるが、するすると上げて、ダウ19ドル↑、ナス17ドル↑で取引終了した。

スタート直後のあの暗雲立ち込める雰囲気はなんだったのであろうかと今となっては不思議な感覚であるが、私は、最終的にダウはプラス転換すると考えていた。

昨日の私は、ブロマガに記載の通り9時半時点では「売り」、15時時点では「買い」目線であった。

夕場に入り、前半は善戦した日経平均先物価格も、後半はやはり力なく落ち込んできてしまった。

ただ、米国発表の経済指標の弱弱しい発表に対してみれば、かなり善戦していると判断し買い目線は変更無しであった。

デフェンシブは、早々に見送り決定したが、オフェンシブで買いポジションを取るか否かの判断を最後まで迷った。

結果的に、この判断はポジションを持たないことを決めた私の弱気のせいで利益獲得機会を逃してしまったが、少々反省すべき意思決定だったと思っている。

さて、円高、株安のニュースが日本中で騒がしく聞こえてくる。

政府日銀は何をやっているんだとの批判も頂点に達しているようである。

これではマズイと思ったのか、政府筋では緊急の記者会見を何回も開いているのだが、さっぱり効果が現れない。

それもその筈、何だかんだとはいっているものの、「日本政府は口先だけで結局何もしない、出来ない」と感じさせる内容であるからである。

一方でオバマ大統領は、最近の米国における経済指標の弱さが目立つことから、早速政権スタッフによる経済チームを召集し、電話会議を行った。

参加者はガイトナー財務長官、ローマーCEA委員長、サマーズNEC委員長など各ポストの兵ぞろいで、経済指標や世界市場の分析、経済成長の現状など幅広いテーマに沿った会談が行われたようである。

同じ電話会議でも、何を話したのか良く分からない菅・白川会談とはまるで違う。

積極的で先行したこの会談は大きな効果が期待できるものであると思われる。

マスコミもこぞって、円高対策を声高に報道している。

ここまで来ると何か対策を講じざるを得ないと思うのであるが、私の予想では、政府が重い腰を上げるのは、9月になってからだと考えている。

ただ、一方で、米国株式価格は堅調に動くであろうから、良く比較される、単位は違うが、NYダウと日経平均の乖離はますます広がり、為替も円高に振れると思われる。

もしかすると、為替は80円を割り、株価は8000円を割るなどという事態に陥る可能性すらあると思っているが、そこまで行くと打つ手が相当限定されてしまうのではなかろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。