スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/10 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


前日のポルトガル国債入札好調に加え、ギリシャ財務相から「財政目標を達成した、これでギリシャ国債は不安の対象ではなくなった。」

との言明から、欧州圏の不透明感が薄れ、株価上昇に繋がった。

また、発表された新規失業保険申請件数、貿易収支がそれぞれ予想を超えた良い結果で、NY市場の寄り付き前の状況は、これ以上はないほどの最高の雰囲気でスタートを迎えた。

発表された指標について、専門家からは「心強い内容」、「非常に明るい兆候」、「ポジティブな要因」「トレンドが変化している」と、どれもこれも手放しでの安心さ加減である。

よくもこうコロコロと変わるものだと、半ば呆れるが、安心感に包まれたNY市場は、約80ドル↑で発信した。

今日は、どこまで上がるのであろうかという雰囲気に包まれていたのであるが、寄り付き大きくGUした後、大きな値動きはなく、モゾモゾともたついている状況が続いていた。

出来高も薄商いで、迫力は全く無し。

私はこの時点で、「下げ」を確信し、オフェンシブ、デフェンシブ共に「売り」ポジションを取ることとした。

さて、その後、ドイツ銀行が90億ユーロの増資の件で、投資銀行と接触したとする関係筋の話が報じられECBのシュタルク専務理事がドイツ銀行は資本不足との見方を示したことで地合を圧迫した。

NYダウも中盤は下げに転じ、後半に又、戻したが、寄り付き前の勢いはどこへやら結局ダウ28ドル↑、ナス7ドル↑で取引終了した。

私の取ったポジション(売り)は、今のところ、成功には至っていないが、市場の上昇雰囲気にNYダウは反応しなかったことは事実である。

本日、日経ダウがどんな動きをするのか全く予測はつかないが、為替の動向が結局株価も動かすことになると思われる。

じっくりと観察するつもりである。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。