スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/12 昨日のNYの動き

昨日の日本市場は、休場。

アジア主要株式市場は、高安まちまちであったが、上海の株の上昇が、特に目立った。

アメリカの追加金融緩和の高まりが世界中に広がっている。

欧州もドイツ国債とギリシャ、ポルトガル債などの利回り格差が縮小したことから堅調な動き。

時間外米株価指数先物も小高く推移している中、NYはスタートを切った。

米国は、コロンブスデーで株式商品市場は、通常オープンであったが、為替債券市場は休場と変則の開催。

NYダウは前日終値付近で始まり、そのままほぼ同価格の水準で引けた。

様子見ムードが高く、薄商いの中、ダウ3ドル↑、ナス0ドル↑が最終の価格であった。

先週末(10/8)の私は、見送りとしたため利益も損失も無いが、10/9のブログで述べたように、私は、日経先物の上昇はある程度読んでいた。

今日一日終わってみないとハッキリとはいえないが、今のところ、やはり買いが正解であったようである。

また、私は、G7が終わりもし、日本が介入するのであれば、連休が終わった本日10/12が政府日銀にとって絶好のタイミングであろう。

ヤルかヤラないかは彼らの度量の問題であるが、既にどうするかは決まっているであろう。

いずれにしろ、本日の為替の動きから目が離せない。

G7の結果、どう決着したのか、今一不透明で解らないが、野田財務大臣は理解を得られたと消極的ではあるが、発言している。

もし、本日介入を控えれば、理解を得られたという野田大臣の発言は、嘘ではなかったのかと疑念を持たれかねない。

本日は、寄付きから或いは、寄付き間際に様子を見て買いポジションを持ってみるのも面白いかもしれない。

ただ、介入の効果が長く続かない可能性も高いので、もし、介入が入り暴騰したら、ある程度の水準で利確が必要であろう。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。