スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/20 結果

2/19 ES引値 7610 買い×3枚
2/20 寄付き  7550 買い -60円×3枚=-180円

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

      予想 結果   勝ち   負け 
 -------------------------------
  2/02 ▼  ○  +150
  2/03 △  ○  +120
  2/04 △  ○  +110
  2/05 ▼  ○  + 30
  2/09 △  ○  +120
  2/10 △  ○  + 90
  2/13 ▼  ●       -110
  2/16 ▼  ○  +140
  2/18 △  ●       -130
  2/19 ▼  ●       - 50
  2/20 △  ●       - 60
 -------------------------------
  合計        +760  -350

2月の成績 7勝4敗 +1230円
  (1枚当たり損益  +410円)



昨日のNYダウ寄付は堅調な動きを示し、買い方であった私にとっては正に「絶好のスタート」を切った。

「今日はいくら上昇するのか?」しか私の頭には無かった。

下がることは想定外であったが、結果は、何と89ドルマイナス。

不思議であるが、完敗を喫しこれで、3連敗てしまった。

発表された指標で問題があったのは、日本時間の夜中の12時に発表された米フィラデルフィア連銀指数。

逆に言うと、それ以外の指標では、下げる原因のあった指標は無かった。

しかも、夜中12時に米フィラデルフィア連銀指数が発表された直後は、多少下げたものの、すぐに持ち直し、その後に引けた欧州の各市場も上げて終えている。

また、為替の動きも超強烈なバックアップ。

ドル円に限らず相対的にほぼ全ての通貨で円安が拡大した。

原油だっていい感じで推移した。

ロマー米CEA委員長や、オバマ大統領の発言も、悪材料ではなく、むしろ良い材料だったと思う。

総合的に判断して、昨日は、ダウが反発する要素が十二分であった。

しかしながら、7500ドルを割り込んでしまった。

原因は、私には少々理解がし難いが、そろそろヤバイ状態になってきたのか。

これから、昨日の下げの理由を冷静に分析してみたい。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。