スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/19 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


心配された中国株の下げが止まり、上昇に転じ、欧州株も全て上昇してきた。

アイルランド問題も何となく決着が見られ、1年5ヶ月ぶりに上場を果たしたGMは公募価格を上回り、フィラデルフィア連銀景気指数も大幅なUP、新規失業保険申請件数も減少など発表される経済指数は強いものばかり。

金も原油も上昇で、良いことづくし。

ここまでお膳立てが整えば、結果は火をみるより明らかになった。

ダウ173ドル↑、ナス38ドル↑で取引終了したが、私は、ダウは300ドル超の上昇があってもおかしくない状況の中、何らかが上昇を阻んでいるような気がしてならない。

昨日の私は9時半時点は売り、15時時点は買いの予測であった。

朝の売りは、大きく裏切られる結果となってしまったが、15時時点の予測で取り戻した。

夕場に入り、上昇一途の日経先物をただ眺めているばかりで手を出す気になれなかった。

オフェンシブもデフェンシブも見送りとしたが、高く行き過ぎている感じがあるように思い、オフェンシブ+は売りとした。

アイルランド財務相は、政府はEU及びIMFと緊急資金供給について協議していることを発表。

そして資金の提供は受けられるものと理解していると語った。

また、歳出削減や増税措置などの詳細に関することは、EUやIMFからの指示を受けることなく、アイルランド政府自身がこれを行うとも述べている。

あくまでEU,IMFからは資金の供給だけという希望なのであろう。

アイルランドは、やっと今になって融資の件を明らかにしたようであるが、どういうわけか今まで本音を隠し、強がりばかりを表明してきた。

しかし市場では資金提供は必ずされるはずとの読みが先行していた。

案の定、融資受け入れ態勢をやっと公表したのであるが、既に分りきっていたこととも言える。

要は、秘密裏にことを運んでいた「つもり」なのであろうが、実は、すべてバレバレであったということになり、同じ債務問題で悩みのあるポルトガルとは大きな違いを見せてしまった。

ポルトガルは先に融資を外部から受けたいという要望を全て正直に公表している。

アイルランドは、外部からの大規模融資を得ることが確実であり、危機は一応薄れたとの評価を得ているが、両国の課程を見る限り、アイルランドには何か裏がありそうで信用がおけない面を感じる。

また、再燃する可能性があるのではなかろうかと読んでいる。

日経ダウが1万円回復と大見出しが出ている。

「予想よりはやい」

「ドル安は終局」

「年末は10500円」

「出遅れ日本株に世界注目」

などなど専門家は大絶賛。

私には、浮かれているようにしか見えない。

この上げは、これから起こる大きな下落を更に大きくする前奏のような気がしてならない。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。