スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/30 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


欧州の信用不安で欧州株は軒並み下落。

その影響からかNYは続落スタートで、一時160ドル↓となり、酷い相場に発展しそうな雰囲気が流れた。

しかし引け際にスルスルと金融株、資源株などに買いが入り、ダウは急上昇を見せ、最終ダウ39ドル↓、ナス9ドル↓にまで戻してしまった。

この上昇は、なんだったのか、米経済の底力かもしれない。

昨日の私は、朝の寄付きこそ売りであったが、すぐに買いに転換。

その後、15時の引けまで一貫して「買い」であった。

しかしながら、夕場に入り、買いから売りに転換した。

NYの寄り付き直後は、大きな下落を見せた。

しかしながら、私は、どうも変な予感がしていたのであるが、朝、起床してみると、下げていたダウが完全に戻してしまっており、予感的中。

さて、アイルランドの支援が一応の決着を見せて、落ち着いたかにみえたが、次に控えているポルトガルの支援要請が確実視されているという情報が飛び交っている。

ある著名エコノミストによれば、ポルトガルの支援要請は時間の問題と言われており、また、ポルトガルだけではなく、スペインもそれに続き、支援要請をせざるを得ない状況に陥っているとのことである。

しかしながら、もし、スペインまでが支援要請をすることになれば、基金が不足を起こすことになり、EU全体に激震が走ることとなる。

そうなると世界経済そのものを急減速どころか急激に収縮させる不安な状況に陥ることが考えられる。

既に支援済みのギリシャでは、なぜか返済期限の延長やその金利の引き上げを明らかにしている。

欧州は、かなりきな臭いにおいが立ち込めているが、今後の動向を注目したい。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。