スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/15 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


ここのところ、フラフラしているが、米国株は上昇を続けている。

「もう天井」といわれながらも、根強く勢いを保ち、ジワリと高値更新を続けている。

昨日も小売売上高の伸びを背景にしっかりと値を飛ばした。

一時11500ドルを超過したが、FOMC声明が株価に水をさした格好となってしまった。

それでもダウ47ドル↑、ナス2ドル↑で取引終了。

昨日の私は、寄り付きで買い玉を全て決済してしまったものの、それを除いては、前日に続き、買いの一点張りであった。

ザラ場も夕場も私が思うような大上げにはならなかったもののしっかりと値を保った。

私は、12月3日から昨夜まで一日の見送りを除いてオーバーナイトを全て「買い」でポジションを取っている。

日経先物の価格が、最近NYダウに追随しにくくなっている面はあるため、成績はいまひとつであるが、NY株の動きからして、私のここ数日間に渡る「買い」判断は間違っていないことは、お分かりになっていただえるものと思っている。

さて、米小売売上高は、5ヶ月連続の増加となった。

これにより個人消費の支出は明るい見通しが立ち、期待が大きく寄せられている。

一方、FOMC声明は、これまで見聞きしたことだけに終始し、目新しいことは何も見当たらない弱気な内容で多少のサプライズを期待した向きには番狂わせであった。

また、格付け会社S&Pが今度は、ベルギーの格付けを一段引き下げた。

同国の政治的な先行き不透明感が、その理由で早く政権が安定しないと更に格下げの可能性があることを示唆している。

政権不安定といえば、わが国も同様の状態が続いている。

この前、ムーディーズが米国の格下げ見通しを発表しているが、連日の格付け会社による国債格下げのニュースはこの先も続く可能性が高い。

さて、次の格下げ国はどこになるのであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。