スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/16 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


昨日のNYダウは、序盤に連日の年初高値を更新するが、その後、冴えない展開となった。

ここのところの連日、同じような展開を続けている。

最終ダウ19ドル↓、ナス10ドル↓で取引終了。

NY連銀製造業景気指数は、大幅改善され、鉱工業生産もしっかりと伸びを示した。

発表された経済指数は、概ね強いものが多かったようであるが、消費者物価指数は、小幅な伸びに留まった。

昨日の私は、ほとんど買い目線であったが、夕場に入りその見方を変えた。

欧州不安が再燃したことも相まって、買いには限界を感じたのである。

これ以上、上げていくためには、更なる材料が必要であると思われるが、その材料が見当たらない。

ただ、大きく下落するかと言えば、それも何とも言えず、とりあえず様子見が正解と考えた。

オフェンシブ、デフェンシブ共に見送りとした。

アイルランドの議会は、EUとIMFの850億ユーロの支援を採決し、承認した。

これを受けてアイルランドの国債と独連邦債との利回り格差は、当初拡大したものの、承認後縮小に向かっている。

昨日、格付け会社によるベルギーと連日の格下げ見通しを受け、「次の格下げ国はどこであろうか」と記載したが、ムーディーズがスペイン格下げ見通しを示した。

色々な国の国債の信頼が、今後、どんどん失われていくと思われるが、これは余りにも恐ろしい事態である。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。