スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/17 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


とにかく、NY市場株式は強い。

高値更新を連日続け、もう、これ以上、上昇することは困難な状態にあると考えている私にとっては大変ショックである。

昨日も、寄付き直後こそ売り込まれたが、その後、しっかりとした足取りで買いが入った。

ダウ41ドル↑、ナス20ドル↑で取引終了。

この終値は、ほぼ2年3ヶ月ぶりの高値。

上昇の原因は、発表された経済指数。

フィラデルフィア連銀による製造業景況指数は、大幅改善され、新規失業保険申請件数は2週間連続で減少。

住宅着工件数も増加している。

昨日の私は、ザラ場では、一貫して売りを続けた。

しかしながら、値幅も少なく、ヨコヨコの展開であった。

夕場も同様の展開であり、私としては、売り目線を変えるキッカケもなかったことから、大きく動くことは無いことは感じていたが、オフェンシブのみ売りポジションを取った。

さて、連日格付け会社による各国の国債格下げが報道されているが、昨日も格下げ仲間にギリシャが加わった。

ギリシャの格付けは既にムーディーズとS&Pによれば、ジャンク扱いであるが、フィッチのみが辛うじて投資適格の格付けを維持している。

今回は、既にジャンク扱いのムーディーズが更なる格下げを示唆したようであるが、ギリシャ国債は既に綱渡り状態にある。

また、ECBは自己資本を増強させる発表をした。

表向きの理由は、市場の不安定と信用リスクの高まり、そして金融システムの規模拡大であるが、ECBによるユーロ圏周辺国債の大量買入れの損失リスクをカバーするためがその本音であると思われる。

この増強案は、何かと否定的なドイツの了解も既に取り付けてあるようである。

現在、EU首脳会合が行われているが、それに先立ち、ユーロ圏首相は、欧州金融ファシリティ(EFSF)に十分な資金を確保する用意があり、ユーロ圏全体の安定確保にはあらゆる措置を講じる用意があり、これまでにEFESから拠出したアイルランド支援のための資金は、大した額ではないとした声明の草案が明らかになった。

また、更に2013年半ば以降の欧州安定メカニズム(ESM)設置に向け、条約の改正に合意した。

アイルランドは、EU、IMF、英国から多額の融資を受けているが、アイルランドの最大野党が、ロイターに対し、「EU、IMFによる融資を返済することは非常に困難」との見解を示した。

「このままだと国民の生活に支障をきたす可能性もある。5.8%という金利に全ての問題がある。」とまるで借りている強みにも似た発言をした。

この最大野党の党首エンダ・ケニー氏は、来年アイルランドの次期首相に就任すると目される人物であるが、なかなかしたたかな人物のようである。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。