スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/21 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


クリスマスウィークに入り、値幅が小さな動きになるのは、誰しもが予想していることであるが、正に皆の予想通りの展開。

NYは上下でわずか、70ドルの差しかなかった。

ダウは13ドル↓、ナスは6ドル↑で沈滞ムードのなか、終了した。

昨日の私は、終始売りで臨み、夕場も売りのまま突入したが、夕場では急騰。

それでも、まだ売り目線は変わらず、オーバーナイトもオフェンシブのみ売りとしたが、本来的には見送りが正解だったのかもしれない。

OECDはスペイン経済に関する報告書の中で、財政健全化が計画通り進まない場合、追加増税が必要であり、今後、低迷が続くことが予想され、経済成長の押し上げには年金と金融機関の改革がどうしても必要となるとした厳しい内容を示した。

また、格付け会社は、スペインの30の金融機関の格下げを検討している。

欧州では、ECBが前週、欧州首脳が決定した新たな銀行ストレステスト実施の支持を表明した。

それによれば、1月にはテストの基準を定め、2月に実施する見通しとなっている。

関係者によると、ドイツをはじめ多くの国が、厳しすぎるテスト方法には反対の意向であり、テスト方法の手順について全く定まっていない状況にあり、その動向はいかにも頼りない。

今年7月に行われたストレステストでは、明らかに不十分で、先日資金不足を起こしたアイルランドの数行にいたっては、全てが合格していた。

ユーロの対ドルでの下落が一段と進んでいたが、先ほど、中国が欧州財政支援の発表を行った模様で、日経は後場大きくギャップアップした。

しかし、中国に財政支援をしてもらわなければ、問題を解決できない状況にまで追い込まれているという考え方も出来る中、この上昇をどのように捉えるかは難しいところである。

というのも、昨日はとうとうフランスやベルギーの国債格下げの観測すら台頭してきている状況。

国債はもとより、銀行の格下げは欧州各国に及んでおり、もう、手がつけられない状況である。

中国の経済力が如何ほどのものであっても、現在の複雑化した金融システムの中で一体、いくらの含み損があるかわからないほどの爆弾がいくつもあると想定される中、果たして、簡単に問題が解決されるのか否か、非常に疑問である。

しかし、昨日は、欧州株は不気味に上昇してきており、毎日毎日の悪いニュースに投資家が慣れてしまっているのであろうか。

はたまた、中国の支援が、予め分っていた輩の買いなのか。

クリスマスは無事に通過できると思われるが、そのあとが非常に不気味な感じがする。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。