スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/29 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


年末の小売の好調が伝えられ、NYは小高く寄り付いたものの、S&Pケースシラー住宅価格指数はアナリスト予想より低下の発表。

また、CB消費者指数も予想以下での内容発表に住宅市場の低迷、高い失業率を匂わせ、更にこれまでの成長が全般的に低水準であったことを物語っている発表後、ダウは急落した。

しかしながら、その後、ジワリジワリと上げ展開となり、引け際に少々下げたが、中盤のジワーっと上げてきたその理由は不明である。

一時は高値更新さえしており、ダウの強さは一体、何が支えているのか、さっぱりわからず、首をかしげるばかりである。

ダウ20ドル↑、ナス4ドル↓で取引終了した。l

昨日の私はいつもどおりの売り目線。

オーバーナイトもオフェンシブ、デフェンシブ共に全て売りで臨んだ。

発表された経済指数が弱い内容であったことから、ドルが売られ、ドル円は一時81円台に落ち込んだ。

今夜は大きく下げると小躍りしたのであるが、その後、わけのわからぬ上昇が起こり、結局元値辺りに落ち着いて終わってしまったようである。

思うような展開を見せない価格にほとほと参っているが、こんなことで、へこんでいるわけにもいかない。

気を取り戻し、年末年始相場に立ち向かう気力を充実させ、納得のいくトレードをしていきたいと思っている。
スポンサーサイト
プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。