スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/11 昨日のNYの動き

日本市場は、休場であったが、アジア、欧州共軟調な動きで、各国の株価は下落した。

あまり大きく報道されてはいないが、インドネシア株が4.2%も急落したのには驚いた。

インドネシアは、昨年アジア新興国で最高のパフォーマンスを上げていたのであるが、中央銀行の対応が後手後手に回り、外国人投資家の懸念が増大、資金流出が加速したということが原因と言われているようであるが、それだけの理由でこれだけ暴落するものであろうか。

さて、NYも下落して始まり一時は100ドル超下げていたが、その後、不思議な買いが入り、ダウは上げに転じた。

ダウ37ドル↓、ナス4ドル↑とアンバランスに終わっている。

今の状況で気になるのは、ユーロ安である。

他の通貨に比べ圧倒的な一人負けで、欧州の財務懸念は広がるばかりである。

相当深刻なのであろうことは、容易に想像できる。

ユーロ圏のポルトガル、スペイン等の市場からの資金調達コストが上方へ進行しているが、特にポルトガルでは過度に近い水準に達しており、関係者の不安が募っている。

そんな中、ドイツ、フランスがポルトガルに対して、早期支援をEU、IMFに要請すべきと圧力をかけているニュースが伝わっているが、ポルトガルはこれを強く否定している。

関係筋では、ポルトガルの必要資金は、600~800億ユーロとの見解が示されているようであるが、本当のところ、ポルトガルの銀行セクターが必要としている総額は全く不明で誰にもわかっていないと言われている。

私は、金曜の夕場引けよりオフェンシブ、デフェンシブ共に売りのポジションを取っているのでとりあえずのところ、利益が載っているが、本日の動きは大変微妙であり、控えめの結論が望ましいかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。