スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/12 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


中国株や欧州株が上昇。

嫌気されている欧州債務も落ち着きを示し、発表された卸売り在庫も好調でNY株はスタートから小高く始まった。

一時、マイナス圏に一気に突入するような場面もあったが、全般的にプラス圏内を推移し、最終ダウ34ドル↑、ナス9ドル↑で取引終了した。

昨日の私は、前場は買い目線、後場寄り付きから売り目線の予想をブロマガで掲載したが、ほぼ思惑通りの動きであったと考えている。

夕場終了間際に、少し上げすぎの感があったため、オフェンシブのみ「売り」としたが、大きく動く可能性は低いと考えていた。

さて、ユーロ圏関係者が、明らかにしたところによれば、ユーロ圏財務相による欧州金融ファシリティ(EFSF)の実質的な融資能力拡大を来週開催される財務相会議で議論し、ユーロ圏の信頼回復に向けてあらゆる措置の検討を行うとしている。

EFSFが持つ4400億ユーロ規模の利用に関する議論が中心になるであろうが、現時点で既に2500億ユーロが利用されている。

欧州債務の懸念は、不安定極まりなく、欧州にとって相当な重荷となっている。

昨日記載したポルトガルであるが、ドイツ、フランスが進めている支援は一切必要なしと強きのコメントを出している。

しかしながら、今までのユーロ圏の経過を見ると強気が一転してしまうケースが多く、今回のポルトガルの発言も「いかにも」という感がぬぐえない。

また、大借金を抱え、財源問題で苦しむ日本が他国へお金を使うという呆れるニュースが伝わってきた。

アイルランド支援のため、ユーロ債購入の発表をしたのである。

何らかの国際的な圧力があったのか、その経緯や背景は不明であるが、国内の状況が散々である状況の中、この支出はあまり優先順位が高いとは思えないのであるが・・・
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。