スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/14 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション
(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


大きな危機を控えての株価上昇。

世界の経済は不安と希望を同居させながら、今後、どのような展開を見せるのであろうか。

発表された新規失業保険申請件数は、予想外の増加であったが、貿易終始の赤字は縮小していた。

NYダウは、23ドル↓、ナスは2ドル↓で取引終了している。

今年に入って上にも下にも行かず、小動きしかできない株価に嫌気を感じる。

昨日の私は、やはり売り姿勢。

ザラ場もイブニングもやや下げ気味に推移したのであるが、それもわずかなものであった。

オーバーナイトは、オフェンシブ、デフェンシブ共に「売り」としたのであるが、大きくは動かないという予想がベースにあった。

スペイン、イタリアの国債入札は、前日のポルトガルに続き、旺盛な需要が見られ、危機懸念がひとまず息をついた。

やはり海外勢の購入が多数を占めたようであった。

入札後、ユーロは高騰。

1週間ぶりの高値をつけ、スペイン、イタリア、ポルトガルの国債と独連邦債の利回り格差は縮小。

銀行株は、上昇し、市場では強気な見方が広がってきてはいる。

しかし、これで「安泰」と考えている人は誰も以内であろう。

2月には、欧州の銀行を対象としたストレステストが実施される。

前回のストレステストでは、アイルランドの金融危機悪化を摘み取ることができず、今回はその反省も踏まえて厳格化されるはずで、場合によっては、追加の資本注入コストで財政負担が増える可能性もある。

また、春にはスペインとポルトガル国債の大規模償還を迎える。

さらにギリシャやアイルランドが計画通り復帰できるのかなどの中期的な問題も抱えており、欧州問題の先行きは明るいとは言えない。

今週に入ってユーロ不安が広がり、ユーロが大きく下落したが、中国に続き、日本政府が欧州債購入を表明したことで流れが反転した。

日本が名乗りを上げたことで主要国が協力して機器を回避するムードが醸成され不安が募っていた各国の入札が順調であった結果にに繋がっている。

正に日本様様であるが、日本のエコノミストからは、カネも無いのに気安く投資する日本政府を厳しく批判する意見も出てきている。

仮にポルトガル、スペインが支援を受けることになれば、日本が購入するEFSF債は、今はトリプルA格付けであるが、すぐに格下げとなり、保証国が減ってしまう。

欧州の金融安定化に貢献することも必要ではあるが、大きなリスクを背負うことの日本政府のバランス感覚がどこまで正常かどうかにつきる。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。