スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/28 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


世界の株価は、まちまちで、NYも方向性が見出せず、小幅な動きに終始した。

ダウ4ドル↑、ナス15ドル↑で取引終了。

日本国債の格付けダウンをはじめ、発表された経済指標も中古住宅販売を除く失業保険申請件数、耐久財受注など悪化のものが多く見られ、全般的に概ね弱い内容となったにも関わらず、NYは大きく下がることは無かった。

IMFは、多額の債務を抱える先進国は、市場のターゲットになるまえに早急に財政赤字削減に取り組む必要があるとし、特に日本と米国に名指しで警鐘を鳴らした。

欧州ではすべての主要国は、今年計画通り緊縮予算を実施する見通しが立っているが、日本は、改善策の先行きがモヤモヤで、米国はブッシュ減税延長で赤字削減が遠のいたと指摘している。

S&Pが、日本国債の格付けをAAからAA-に引き下げた。

日本の財政赤字が今後数年に渡り高止まりし、それに伴い財政の柔軟性が更に低下すると予想している。

発表後、円安が急速に進んだが、日経平均は反応しなかった。

日本経済にとってのニュースとして、とても大きな要素であると思うのであるが、多くの専門家はあまり執着を示さず、株も横を保っている。

日本に対し、第二のギリシャとか、アジアのギリシャとかの批評が一部にあるようであるが、気持ちが悪いくらいの平静さを見せている。

このまま、この平静さが続くのであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。