スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/29 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


エジプトムバラク大統領の退陣を求める反政府デモがNYの株価を揺さぶった。

たかがデモとバカにはできないようである。

大きくなったデモで今後の見通しが不透明なことが市場に大きな影響を与えたようである。

この騒ぎ、少し気になってはいたが、昨夜、こんな形で現れてくるとは想定外であった。

発表されたGDP速報値や企業決算などは市場ではほとんど無視されたようである。

ダウ166ドル↓、ナス68ドル↓で取引終了した。

エジプトは、アラブ世界の中で非常に重要な地位を占めており、原油価格も含めて地域全体に大きな影響を及ぼす存在で、状況によっては中東情勢の緊迫が一気に高まり、エジプト発の世界経済の混乱になりかねない状態ともいえよう。

多くの投資家は、一斉にリスクの低い資産へ資金を動かすことは当然で、昨日のNY外国為替市場は、ドルとスイスフランが急上昇する一方で、イスラエルシェルやトルコリラなど新興国通貨が急落した。

エジプトポンドはたまたまエジプト市場が休場であったため、動きは無かったようであるが、市場明けは恐ろしいほどの暴落が待ち構えていそうである。

この情勢が来週も続くとすれば、中東・アフリカ地域の安定に対する懸念からドルとスイスに対する買いがますます強まると指摘する専門家が多い。

昨日の私は、売り姿勢。

ザラ場では面白いほど日経先物は下げ足を早めた。

夕場もオーバーナイトも変わらずの売り姿勢で臨んだ。

私は、日本国債の格下げが株価に徐々に現れてくると考えているのであるが、エジプト情勢がこんなにも早急に大きな影響を与えてくるとは思っていなかった。

想定外の状況がラッキーに結びついた結果となったが、欲を言えば、オフェンシブだけではなく、デフェンシブも見送りではなく、売りポジションで望みたかったところである。

月末ということもあり、見送ってしまったが、売りでポジションを持つべき状況ではあった。

ポジションを持つべき時には持つということを徹底していかなければならないことを何度も過去に経験しているのであるが、なかなか思うようには出来ないものである。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。