スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/9 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 見送り


NY市場は,再々続伸。

中国の利上げというサプライズがあったものの,そんなものは物ともせずジリジリと上昇を見せた。

ダウ71ドル↑,ナス13ドル↑で取引終了。

企業業績の改善期待,M&Aを好感した買いの勢いは止まらない。

昨日の私は,15時10分までは,買い目線,大引けで売り目線に転換したが,日経ダウは大きく動くことは無く,狭いレンジでの推移であった。

オーバーナイトは,中国利上げを察知し,少なくとも大きく上がることは無いと考え,オフェンシブのみ売りとした。

しかし,NY株式の買い意欲の強さには誰にも勝てることが出来ない状況のようである。

中国が,旧正月連休の最終日というタイミングで利上げを行ったと言うことは予想外のことで,市場ではサプライズと捉えられた。

ここ1ヶ月で2度目の利上げで10月に金融引き締めサイクルを開始以来では,3度目となる。

それだけ今の中国は物価上昇と不動産バブルが激しく押し寄せてきている証拠であろう。

多くの投資家は,更に引き締め作が取られると見込んでおり,市場に悪影響を与えることは,必至である。

あまりにも急激な利上げに中国経済の成長ペースを弱めることは,早くも上海市場などでは打撃を受け始めている。

世界の市場もオロオロする場面もあるであろう。

しかし,欧米の金利が過去最低水準になっている中での中国の利上げは,中国経済だけは磐石であると同国の自信を示している結果だとする見方も出ている。
スポンサーサイト
プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。