スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/11 昨日のNYの動き

下げ気味の展開で推移していたNY株が,ムバラクエジプト大統領の辞任発表により,一気にプラスに転じた。

緊張がひとまず緩和したことにより,市場はこれを評価した。

特に金融株がその上値を牽引し,ダウ43ドル↑,ナス18ドル↑で取引終了。

昨日,日本では市場が休場で,一日のんびりとさせてもらったが,エジプト情勢が,買い方に一気に有利に作用したことで,気が滅入ってしまい,ほろ酔い気分が醒めてしまった。

人民の力により,又一つの独裁的政権が倒された。

このところ,次々と起こる中東の変化が,地域全体にどんな影響を及ぼすのであろうか。

確かに今回,短期的な不透明性の払拭はなされたが,民主化の元に変化を遂げた多くの中東の国が,その後,米国離れに傾き潮目を変えてしまっていることは,言うまでも無い。

エジプトも今後どんな変化を見せるか定かではないが,ただ,民主化されたということを持って手放しで喜び,株価上昇に繋がるこの結果が,中長期的に正しいとは思えない向きもある。

12月の米貿易赤字が予想を上回って過去4ヶ月で最大となった。

対中赤字も過去最大を記録した。

貿易赤字の増大は,GDPを引き下げる要因となるわけであるが,市場では,消費の健全性が一段と強まっている表れなどとの意見が多く上がっている。

今の市場は,たとえ悪いニュースであっても,楽観的に捉え,良いニュースに翻訳してしまうムードとなってしまっている。

私には,この異常な状態が長く続くとはとてもではないが思えないが,果たして,どこまでこのムードが続くのであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。