スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/5 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


前日,本年一番の値上がりを記録したNYダウ。

中東情勢に多少の不安を残しながらの力強い上昇を見せた。

そして迎えた雇用統計。

数字を見ると雇用者が増加し,失業率も9%割れとなるなど,確実に改善の方向性を示している。

これで前日を上回る上昇を見せるのではないかと誰もが期待するのは,当たり前であるが,株の世界ではそうならない事が多い。

寄り付きこそソコソコの価格で寄り付いたが,直ぐに馬脚を現すかのようにドンドンと下がるばかり。

リビア問題,原油高は今に始まった問題ではないが,蒸し返されて下落材料として大きく織り込まれる。

ダウは一時180ドルを超える下落を見せたが,その後,引けにかけて何があったというわけではないのであるが,今度は買い戻され,下げ幅を半減させて終了した。

ダウ88ドル↓,ナス14ドル↓で取引終了した。

つくづく市場を読むことの難しさといい加減さを感じた昨夜であった。

雇用統計は,非農業者数が増加し,昨年5月以降最大の伸びとなり,失業率も改善された。

結論から言えば,とても良い内容なのであるが,発表前の雇用統計に対する期待がとても大きすぎた事もあり,評価は別れてしまった。

「雇用が完全に改善され,失業率の低下は,近年最大となり,雇用市場に新風が吹き始めた。」と絶賛される意見があるかと思えば,「形式的には,予想値より良い結果となってはいるものの,市場で期待されていた予想は,形式的な予想より遥かに高く,全体的に失望感が広がってしまった。」と全く逆の悲観的な意見も目立つ。

そんな中,リビアはますます混沌としてきた。

カダフィはリビアを掌握できなければ国家分断したソマリアのような状態にする狙いと専門家は分析している。

カダフィは長期戦に耐えられる十分な兵力と資金力を備えているだけに,混迷が深まれば深まるほど,思う壺と見る見解が示されている。

現時点では,カダフィ派と反体制派の勢力は均衡で,近郊諸国が話し合いによる平和的解決を提案しているが,お互い譲らず平和的解決に繋がる可能性は現在のところ,極めて低い。

このままでは泥沼化が必至で,長期的に世界経済に及ぼす悪影響は,相当の大きさとなるとの観測が示されている。

昨日の私は一貫した売り目線,朝から夜まで日経先物は,良いところなしの下がりっぱなし。

こういう時は,売り安心相場で大きな事件や長い時間の経過が無い限り,変化は起こりにくい。

昨日は,雇用統計の発表前と言うこともあり,利益確定売りが出やすい状況であったことも併せて考えれば,売りポジションでの継続は,悪い選択ではなかったと思われる。

私は,夕場の雇用統計の発表時点の動きとその内容でオーバーナイトのポジションをどのように取るか,決めようと考えていたが,その結果は,オフェンシブもデフェンシブも売りとした。

雇用統計の内容は「良」,しかしながら,発表時点は多少反応したものの,すぐに戻るという動き。

現在の状況を考えれば,この動きは,↓に行く可能性が大と判断した。

久々に大きく稼げたと思っていたが,引け際の買戻しで下げ幅が半減されてしまったことが,いかにも悔しい限りである。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。