スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/8 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


昨日の日本市場は,大きく下げた。

後場になり,更に下げ幅を拡大したと思いきや,引け際から持ち直してきた。

夕場もそのままの流れで,ジワリと上昇。

これでNYの方向性の予想がますます難しい判断を迫られる状況となった。

私は,当然,中東情勢,原油高等で下落気味であることは分っているが,休日前も大幅安に見舞われ,ここから更に大きく下がることは,昨日に限っては考えにくく,むしろ二次的な反発の可能性が高いのではなかろうかという考えや,昨夜は,主要な経済指標の発表も無く,こういうときこそ,オバマ,ガイトナー,バーナンキ等の立役者が登場し,大立ち回りのパフォーマンスをしてくれるかもしれないという密かな期待もあった。

米市場は,何としても株価を下げることを損をしてでも食い止める力が働きがちであり,連日の大幅下げはいかにもイメージが悪すぎるとした判断からオフェンシブのみ買いで挑んだ。

結果大失敗で素直に見送りにするべきであったと反省している。



やはり中東情勢と原油高で状況どおりNYは下落してしまった。

寄り付きこそ少し高く始まったが,すぐに下落に転じ,一時150ドル近く下落する場面もあったが,後半には半分戻した。

ダウ79ドル↓,ナス39ドル↓で取引終了した。

特にハイテク中心のナスダックの下げがきつかった。


欧州委員会では,ギリシャ,アイルランドの融資金利を引き下げる方向を示した。

リスクが高まれば,金利を上がり,リスクが低まれば,金利は下がるわけであるが,今回の金利下げは,どうもリスクが低まったからというわけではなさそうである。

もし,ギリシャ,アイルランドが破綻すれば,欧州全体が経済危機に陥る可能性が高く,何としてでも両国の持続性を高めなければならないとしたことからの苦肉の策であると思われる。

それならいっそのこと,金利ゼロ,更には返済免除すれば良いのではないかと思ってしまう。

そんな中,ムーディーズがギリシャ格付けを一挙に3段階も引き下げた。

これを受けて,ギリシャ財務相は全く不当と反発している。



リビアは一進一退が,治まりを見せない。

他の中東地域も不穏な動きが続き,そのため原油価格が不安定になっている。

つい2~3日前まで100ドルを超えたと騒がれていたと思っていたら,昨日は,一時既に107ドルに迫っている。

際限なき上昇なのかもしれない。

一説によれば,サウジに聖女不安が波及すれば,200ドルになるとの見方も台頭している。

こうなれば,世界がどんなになるのか予想さえもつかなくなると警告を発する専門家も現れている。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。