スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/15 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


昨日の東京証券取引所の売買高は,50億万株に迫る過去最高を記録した。

慌てふためいた多くの投資家が我さきに投売りをしたのである。

先日から私が指摘したとおりの展開になっただけの話であるが,世間では株式市場だけではなく,大騒ぎである。

変な動きをするNYは,大地震が起こった3/11でも信じがたいがダウ,ナス共に前日比プラスで引けるようなとぼけた事をやってのけ,日本を唖然とさせたが,さすがに昨夜は,少し下げたようである。

ダウ51ドル↓,ナス14ドル↓で取引終了した。

一時150ドル近く下げていたようであるが,後半盛り返し,大きな下げには至っていない。

やはりNYは,常識的にはなかなか理解できないクレイジーな動きを繰り返す市場である。

昨日の私は,3/11に仕込んだことで大きく得た利益を朝の寄り付きで一旦,全て利確し,見守る策を取った。

午前中は,どちらにも動く気配ではっきり方向を示すことが出来なかったが,午後からは,はっきりと売り目線となった。

夕場も下げに下げ,混乱の一途であったが,オーバーナイトは流れが変化したことを読み取り,オフェンシブ+は買いのスタンスを取った。

しかし,ここでポジションを取ることは,かなりのギャンブルであることから,オフェンシブ,デフェンシブは見送った。

フィッチは,日本大震災における保険業界の保険対象損失について,金額が過去最大規模となる見通しとする一方,支払い能力は整っており,過度の金額的緊張を引き起こすことなく損失を吸収できるとの見方を示した。

又,ムーディーズは,日本がただちに財政危機に陥ることはないが,市場で日本財政への信認が失われる転換点に達する時期が早まる可能性が出てきたとの見方を示した。

投資家が今後,日本国債に対して,より高い利回りを要求する可能性があり,日本の立場そのものがゆすぶられかねない。

円が75円になるとか,輸入が劇的に落ち込むとか,多数の日本企業が立ち往生するとか,日本経済に対する懸念は,次から次へと後を絶たないが,どれもこれも否定できるものではない。

しかし日本は,過去にも多くのピンチを乗り越えてきた。

ここで沈没は許されない。

第二次世界大戦後の復興に取り組むような覚悟が,日本政府にも国民にも必要なのではないであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。