スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/17 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 見送り

デフェンシブ 見送り


軟調でスタートしたNY,欧州委員会のエネルギー担当委員の「事実上制御不能」発言で大幅続落した。

委員はさらに「今後,数時間以内にはさらなる壊滅的な出来事が起こる可能性すらあり,人名に脅威を及ぼす恐れがある」と語った。

欧米であまりにも反響を呼んだことから同氏は「予言したわけではない,個人的な懸念を表明しただけ」と発言を和らげたが,株価と為替の反応は大きくなるばかりである。

NYダウは242ドル↓,ナス50ドル↓で取引終了した。

一時ダウは,300ドル↓に迫り,ダウとナスは今年になって上昇した分を全て吐き出した。

私が前から指摘していた狂ったNY市場もようやく事の大きさに気付き,まともな動きを見せるようになったようである。

ドル円が80円を割ったと大騒ぎのニュースの中,朝方あっという間に76円台を記録した。

この為替の急変に日本は,どう対処するのであろうか。

少なくとも政府は覚悟を持って決断しなければならない時が到来している。

今までのようにあちこちに気を遣ったいい加減な対応ではもう話しにすらならない。

世間がアッと驚くような策が今,必要である。

公共対策,ミクロ経済学専門の同志社大学林教授が,今回の大震災の被害についての分析結果を発表した。

死者数が阪神大震災では6000人,今回では1~2万人に達するようで被害額は,阪神ではインフラや建物等の直接損害は10兆円であったが,今回は20兆円と倍増の兆しを見せている。

これに対応するため,莫大な公的資金投入が必至で,政府は消費税はもとより,復興国債の発行を否応なしに迫られるであろう。

過去,復興国際派関東大震災の時,発行され,海外にも購入を要請したが,その時の発行条件は,日本にとって著しく不利なものであった。

今でさえ大赤字を抱え込んでいる日本財政の信認は,低下しており,そんな中の復興国債の発行となれば,その条件はかなり厳しくなるのは当然で,ジャンク債並の不利な条件での発行を飲むしかなくなる可能性も大きい。

昨日の私は,一貫した売り,オーバーナイトも売りであるが,NY市場の狂った動向や日本の状況も急変しかねないなか,先物の売買は,控えるべきと考えている。

ただ,昨日提案した,ロングストラドルやロングバタフライが,信じられない利益を上げている。

そろそろ落ち着くのではないかと恐る恐るではあるが,結果は,信じられないほどのパフォーマンスを見せている。

一体この流れ,どこまで続くのであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。