スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/18 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 買い)

オフェンシブ 買い

デフェンシブ 見送り


急速な円高や原発事故で,どん底のはずの日本市場がどういうわけかザラ場で踏みとどまり,上げに転じたことからNYも欧州も買い戻された。

フィラデルフィア業況指数,新規失業保険申請件数、CPI総合、CB景気先行指数など発表された経済指数は,概ね改善されたことも株価上昇を後押しした。

NYダウ161ドル↑,ナス19ドル↑で取引終了。

間もなく開催されるG7電話会議で,円高阻止への日本の為替介入を認める決定をするようだと伝わっている。

昨日の早朝,ドル円があっという間に76円台を記録し,TVなどでは大騒ぎとなった。

欧米では,益々懸念が広がっている原発事故。

大きく下がった欧米株を目の当たりにして,今日の市場はどこまで下がるのであろうかと大きな不安を抱えて始まった東京株式市場。

寄り前,気配値で8300円台であった。

このままで始まっているれば,恐ろしいことがおきる可能性が高かった。

投げに継ぐ投げが出る恐怖の市場。

前日もサーキットブレークが発動したが,再度,それが再現されることは,ほぼ確定的であった。

しかしながら,全く不思議なことに,ドル円がすぐに78円台に買い戻され,日経ダウも嘘のように上昇気運に乗ったのである。

何処を見ても下がる要因ばかりで上昇の要素は皆無の中の出来事である。

私はその内,必ずドカンと下がるはずと大下げのスタンスで臨んでいたが,下がるどころか上がる一方。

15時10分からのプレクロージングでは,プレオープニングで当初示されていた8300円と比較して,500~600円も高い8900円台の価格がついたことに説明のしようがなかった。

昨日の私は寄付きから一貫して売り姿勢であり,完全に裏切られてしまった。

夕場もそれ以上は上がらなかったものの,大きく下げる気配は見られず,強い日経先物の姿を見せ付けられた。

そんな中,ロイターのニュースで気になる記事を見つけた。

それによれば,ゴールドマンサックスなど複数の金融機関がドル円での協調介入を行っている可能性を指摘していたのである。

円安誘導があれば,株価買い支えも当然行いやすい。

このニュースを聞いて,東京市場の下げ渋りどころか,大きく上昇した過程がようやく理解できた。

誰がこんなシナリオを描き,誰がどう実行したのかも分らないが,日本政府にとっても米政府にとっても,都合の良い方向に動いたことは確かのようである。

いざとなれば,良い材料が何も無く,悪材料ばかりでも株価を上昇させる事ができるということなのであろうか。

早速オーバーナイトは,買いの指示に変えたが,これはあくまでも私個人の思索,何の根拠も無いのでデフェンシブは見送った。

夕場のプレクロージングで,先物ラージが出来ないという珍事が昨夜起こった。

新システムでは,こういったことが起こりうるわけであるが,ラージのポジションを決済しようとした人は特に迷惑な話である。

私は,会員様にはすぐにメールでお知らせし,ミニでポジションを取った方の申告をお願いした。

ミニは,最終8840円でわずか84枚しかできていない。

私はこの数を見てびっくりしたのであるが,私を含めて私の会員だけで,かなりのウェイトを占めており,夕場の出来高は少ないとは言え,私たちが,ある程度大きな影響を与えていることに,喜ぶべきか悲しむべきかわからない複雑な気分である。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。