スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/22 昨日のNYの動き

一部の新興国を除き,世界の市場は活気にあふれた。

リビア情勢や日本の大震災及び原発事故などものともせず,よくもまあ,このような時期に大きく上げられるものだと改めて関心する。

住宅関連の指数発表が冴えないこともがあっても,NYは動じず上昇の一途。

下げる気配は,一切見せず,一時,ダウは200ドル↑に達した。

ダウ178ドル↑,ナス48ドル↑で取引終了した。

CMEの日経先物は,しっかりとその価格を上げ,本日の日経平均がどこまで上値を追うのか計り知れない。

一体,この上昇はなんだろうといくら考えても,それらしき材料は見当たらない。

とにかく皆して買って,株価を吊り上げているにすぎない。

悲惨な被災地復興には莫大な資金がかかりそうであるが,今,政府にその資金は無い。

この期に及んで,絶好な消費税増税のチャンスである。

又,復興目的を謳った新たな国債発行は誰も反対しない。

大災害を利用し,なかなか踏み切れない国民負担を強いる政策を一気に進める絶好のチャンス到来である。

放射能汚染の食べ物や飲み物のニュースが出始めた。

企業の操業停止や営業活動の縮小,人々の生活防衛のための消費減退。

日本経済これからイバラの道である。

派遣社員などはすぐに切られるであろうし,社員でも減給やリストラは当たり前。

失業率は,史上最高を記録することはまず,間違いないであろう。

そんな中,半ば強引に進められる消費税増税や国債発行。

日本政府は,それでも持つのであろうか。

そんな状況の中,日本株は買われる。

外国人の大量買いが期待できるなどとのニュースが伝わり,市場がにぎわっている。

既に市場は,経済実態と完全に乖離し,単なるマネーゲームの様相を呈してきているが,浮かれて買いに走る群集心理に大きな警鐘をならしたい。

やがてドカンと落ち込むタイミングが必ず来るはずである。
スポンサーサイト
プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。