スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/12 昨日のポジションとNYの動き

昨日のポジション

(オフェンシブ+ 売り)

オフェンシブ 売り

デフェンシブ 売り


昨日は,欧州市場も新興市場も調整色が強く,全ての株価が下落。

NYは小高く始まり,順調な推移を見せていたが,中半から後半にかけて,その勢いが衰えた。

最終ダウ1ドル↑,ナス8ドル↓で取引終了。

これでも引け際に少し戻している。

原油市況が大幅安となり資源株は売られた。

又,IMFが米国・日本の成長見通しを下方修正したことも調整ムードに拍車をかけたようである。

昨日の私は,寄付きから一貫して「売り」。

勿論,夕場も売りで臨んだ。

その最中,17時過ぎに再度,ガタガタと大きく揺れだす余震が何度も訪れた。

それにつられて,株価も激しく上下動を繰り返したが,最後は元値近くに戻している。

なんとも忙しく目まぐるしい一夜であった。

オーバーナイト予測は,自信の売りポジションを取った。

原子力委員会は,福島原発事故から最大で1時間当たり1万テラベクレル(テラベクレルは,1兆ベクレル)の放射性物質が放出されているとの試算を明らかにした。

政府は,これを受け,原発事故の深刻度を示す「国債評価尺度(INES)」で最も深刻な旧ソ連のチェルノブイリ原発事故に並ぶ「レベル7」とする方向で検討に入った。

ついにわけのわからない単位と天文学的な数字が並び始めた。

どう眺めても,いくら考えてもさっぱり理解が出来ない。

しかしながら,現在の放射能汚染が想像を絶する深刻な状況にあることだけは分っている。

今にとんでもない現実が,これからかなり長い期間にわたり,日本からばかりではなく地球規模で現れてくる可能性がある。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。