FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/22 結果

【昨日の私のポジション】

日経先物⇒「売り」@8740

CFD⇒「売り」@7830


【日経平均先物損益】

4/21 ES引値 売り 8740 × 2枚
4/22 寄付き  買い 8780 -40円×2枚=-80円   

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

      予想 結果   勝ち   負け (単位:円)
 -------------------------------
  4/01 △  ●        - 30
  4/03 ▼  ●        -100
  4/06 △  ○  +110
  4/08 ▼  -  ± 0  ± 0
  4/09 △  ○  + 30
  4/10 △  ○  +170
  4/15 ▼  ○  +110
  4/20 △  ●        - 70
  4/22 ▼  ●        - 40
 -------------------------------
  合計         +420   - 240

4月の成績 4勝4敗 +360円
  (1枚当たり損益  +180円)


【NYダウ先物CFD】
4/21 売り @7830
4/22 買い @7944 @+114$×20枚=+2280$

      予想 結果   勝ち   負け (単位:US$)
 -------------------------------
  4/01 △  ○  + 32
  4/03 ▼  ●       - 30
  4/04 △  ○  + 5
  4/08 ▼  ○  + 66
  4/09 △  ○  + 69
  4/10 △  ○  +174
  4/14 ▼  ●       - 59
  4/15 ▼  ○  +124
  4/16 △  ○  + 72
  4/17 △  ○  + 12
  4/21 ▼  ○  +205
  4/22 ▼  ●       -114
 -------------------------------
  合計        +759  -203

4月の成績 9勝3敗 +11120$
   (1枚当たり損益 +556$)


昨日は、イブニングセッションが引けてからNYダウが寄り付く間、NYダウは、CFDにしてもダウ先物にしても、奈落の底に落ちていってしまうかのような、不気味な下落を続けていた。

そしてもちろん、NYダウも下落して寄り付いた。

シティGやバンカメも安く、私は「売り」でポジションを持っていたが、これは、ヤバイくらい下がるのではないだろうか、と逆に心配したくらいであった。

しかし・・・である。

ガイトナーの発言に一気に情勢をひっくり返される。

「主要な金融機関の資本は充分」との一言が、NYダウが寄り付いて間もなく、図ったように繰り出されてしまった。

これにより、広がっていた金融不安が、沈静化されてしまったのであろうか、その後、売り方の勢いが急速に衰え、NYダウはダラダラと上がっていってしまう。

もしかすると公的な買い支えとこの発言がセットだったのかもしれないが、あの寄付き前の「奈落の底」感が一気に消えてしまったのである。

本当にほとんどの米銀行には充分な資本があるのであろうか。

であるならば、公的資金注入や、時価会計凍結そしてストレステスト実施など次々と繰り出される対策は、何なのであろうか。

どう考えても「ヤバイ」に決まっている。

ガイトナーは、これ以上の暴落を防ぐための嘘をついたと私は思っている。

後であの発言は嘘ではないという灰色の言い訳はいくらでもきくはずである。

このような極端な発言が無ければ、昨日のダウは、一昨日に引き続いて、大きく下げていたと確信している。

何より、寄付き前のダウ先物のなんとも言えない雰囲気を見ていた方であれば、同じように感じるはずである。

たった一言でガラッと空気が変化してしまう現状は、まともでは無いし、この発言もすぐにボロが出そうで気が気ではないはず…

ワケが解らない相場が暫く続くかもしれないが、ある意味面白い場面であるとも言える。

シナリオがどのように描かれて、結末はどうなるのか。

本日はやられたが、この展開に興味津々である。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。