スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経先物メール配信会員について

私の投資スタイルは、原則的には、イブニングセッションの引け(20時)に引け成行で注文を入れポジションを持ち、翌日(土日祝祭日の場合は、翌営業日)の寄付き(9時)と大引け(15時10分)で成行でそれぞれ50%ずつのポジションに決済注文を入れ、ポジションを解消するというスタイルをとっております(ただし、当日朝の寄り付きにて、100%決済するケースもございます。この場合は、別途、当日の朝8時50分頃までにメールにてお知らせいたします。尚、どちらのケースにおいても、朝8時50分までにブログに決済タイミングについて、記載をアップしております。尚、突然状況が変化した時などに、決済のメールを送付することもございます。)

また、2009年9月より、日経先物メール配信会員につきましては、「オフェンシブ」「デフェンシブ」或いは、「双方」の選択をしていただくことになりました(※大変恐縮ですが、現在「オフェンシブ」のみの選択は配信しておりません)。

両者の成績は、下記の通りであり、2009年1月までは、オフェンシブでの運用をしており、2009年2月からは、デフェンシブでの運用に切り替えております。

2008年 オフェンシブ  デフェンシブ
  02月   +400
  03月   +1330
  04月   +520
  05月   +540
  06月   +940
  07月   +490
  08月   +1330
  09月   +250
  10月   +390
  11月   +2240
  12月   +180
2009年
  01月   +530
  02月  (+2170)      +520
  03月  (-360)       +190
  04月  (+1060)      +160
  05月  (-100)       -240
  06月  (+630)       +350
  07月  (+460)       +470

※2009年2月~7月までの成績は、実績値では無く、オフェンシブで運用していたらどのような成績となったのかという仮定に基づき、計算しております。

基本的に、オフェンシブは、ほぼ毎日ポジションを持ちます(ただし、1ヶ月に1~2回程度の見送りが生じる事があります)。デフェンシブは、ほぼ2日に1回の割合で「見送り」が出ます。

入会に際しては、オフェンシブ、デフェンシブ、或いは双方の3種類(※現在は、デフェンシブか双方かの2種類となります)の中から、ご自分の投資スタイルに合ったものをご選択いただきます。

尚、月の途中での変更は出来ませんが、毎月末の3営業日前までにメールにてご連絡いただければ、翌月より、変更できます。

会員の皆様には、イブニングセッションの引け(20時)前に私が、本日どのようなポジションを取るのかのメールを配信させていただいております。メールの内容としては、「買い」「売り」「見送り」のいずれかとなります。

仕掛けのメールは、20時前に配信しますが、時間は確約できません。
出来るだけ、ギリギリまで考えていたいケースが多く、最悪2分前くらいの配信になる可能性もございます。(5分前くらいを一応の目安にしております)

会員の方が、どのような運用をなさっても結構です。
センスの良い方は、既にお気づきになっている方もいらっしゃると思いますが、日経先物だけではなく、色々な金融商品(FX、オプション、SGXの日経先物)などでも応用がきくと思います。
また、日経先物を運用する場合についての投資額の目安について、当方で強制する事は出来ませんが、日経先物であれば、出来れば大3枚までを目安にしていただけるとよろしいかと思います。

料金は、オフェンシブ、デフェンシブ共に、それぞれの成績に従って、「私が、日経先物ラージ1枚を運用し続けた場合における月額の利益額の10%」となります。
また、双方をご選択された会員様の場合、オフェンシブとデフェンシブ双方で得られた利益(日経先物ラージ1枚換算)を足した額の8%となります。
これは、会員の方が、ミニで運用していようがその他の方法で運用してようが、一律とさせていただきます。
決して安い料金ではないことは、承知しております。
ただ、考えてみてください。
本当に儲かる投資手法を安売りするかということを。

また、損失が生じた場合、その損失は、翌月以降に繰り越します。
従って、利益が出ない限り、配信料金は発生いたしません(ただし、入会金が発生するケースがございます。詳しくは、下記のメールフォームにてお問い合わせください。)
また、月の区切りは、決済日によって区切らせていただきます。

また、会員になるための最低限の資金としては、200万円以上が必要であると考えております。
40万円でミニ1枚とお考えください。
つまり、200万円でミニ5枚以上の運用がこのメール配信サービスを利用してメリットがあると考えられる最低限の目安であると私は考えております(双方配信希望の会員様は、400万円でミニ10枚以上)。
これ以下の資金の場合は、入会をお断りする可能性がありますが、メールにて相談ください。

また、これは非常に大切なことですが、この200万円(或いは400万円)の資金は、余裕資金であることが絶対的な条件となります。

無くなって困らないお金というものはこの世に存在しないことは充分承知しておりますが、「無くなっても今後の生活に支障をきたさないお金である」ということが、トレードをしていく上で、非常に重要なファクターとなりますので、ご理解下さい。

先物投資は、安全な投資ではなく、大きなリスクを伴うものです。余裕資金でのトレードではない場合、入会をお断りしております。

お問い合わせについては、ココまでお願いします。
スポンサーサイト
プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。