スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/22 結果

【昨日の私のポジション】

日経先物⇒「買い」@9250

CFD⇒「買い」@8369


【日経平均先物損益】

5/21 ES引値 9250
5/22 寄付き  9120 @-130    

 ※1枚当たりの損益
  予想欄(△…上げ予想、▼…下げ予想)
  結果欄(○…勝ち、●…負け)

      予想 結果   勝ち   負け (単位:円)
 -------------------------------
  5/08 △  ●        - 50
  5/12 △  ●        - 60
  5/13 ▼  ○  + 10
  5/14 ▼  ○  +170
  5/15 ▼  ●        -220
  5/18 ▼  ○  +110
  5/19 △  ○  +160
  5/20 △  ●        - 70
  5/21 ▼  ○  +100
  5/22 △  ●        -130
 -------------------------------
  合計        +550    -530

5月の成績 5勝5敗 +40円
  (1枚当たり損益  +20円)


【NYダウ先物CFD】
5/21 買い @8369
5/22 売り @8295 @-74$×20枚=-1480$

      予想 結果   勝ち   負け (単位:US$)
 -------------------------------
  5/08 △  ●        -143
  5/12 △  ●        - 54
  5/13 ▼  ●        - 9
  5/14 ▼  ○   +143
  5/15 ▼  ●        - 21
  5/18 ▼  ○   + 25
  5/19 △  ○   +176
  5/20 △  ●        - 84
  5/21 △  ●        - 82
  5/22 △  ●        - 74
 -------------------------------
  合計         +344   -467

5月の成績 3勝7敗 -2460$
   (1枚当たり損益 -123$)


94円を割り込んだ米ドル、9200ドルを割り込んだNYダウと悲惨な状況にあったNY市場も終盤にかけて何とか持ち直した。

それでもダウは、129ドル↓。

一体こんなにも下落する要因がどこにあったのか。

まずは、英国際の格付け見通しが引き下げられたことが一つの要因としてあろう。

米国債の格付け引き下げを連想させたのであろう。

次に雇用情勢の悪化。

悪化というより、前月よりは改善はしていたようであるが、予想より悪かった。

こういうケースでは、上に行くこともあり、下に行くこともあり、反応しないこともあり…ではあるが。

そして、これが一番の要因であるように私は感じているが、グリーンスパン前FRB議長の発言である。

彼曰く、「金融危機はまだ収束しておらず、米銀は大規模な資金調達が必要である」だそうである。

私としては、一方で、もっともな事をおっしゃっておられると感じたが、他方で、ご承知のようにBOAをはじめとした米銀の多くは、現在のところ順調な資金調達が進行しているという報道がなされている中で、わざわざそれを否定するようなご発言は、必要であったのかとも感じた。

グリーンスパン氏の発言には、よく物議が醸し出されることで有名であるが、彼は何を目的にこのような発言をしたのか、私には解らない。

まさかご自分でどこかしらの株を空売りしていたわけではあるまい。

現在、経済にとっていいニュースは、全てドル安に通じると私は考えている。

米国が、このドル安をどのような手段で食い止めてくるのか、短期的には、手段はいくらでもあると思われるが、その手段をいつ講じてくるのかが、相場を予測する上での一つのキーポイントである。

ガイトナー氏は、巨額な財政赤字とドル安の改善が米国の大テーマであるということを述べている。

どのような手で、この問題を解決しようと図るのかを予測することも、株価予想における一つのテーマであると思う。

ただし、この問題が、解決できるかどうかとは問題は別であるが。

さて、私の成績は、低迷を続けている。

お恥ずかしい話であるが、今月はあと5日。

ペースを崩すことなく、今月プラスを狙いたい。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。