スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/20 昨日のNYの動き

昨日は、欧州株が、全面的に上昇していたことに吊られたのかNYダウは堅調に始まり、「買い」ポジションであった私は、とても良いスタートを切れた。

その後、主要な経済指標の発表も無く、順調に進むかに見えたのであるが、中盤になってムーディーズのカリフォルニア州格下げの可能性アリのニュースが飛び込んできた。

これにより、ドル売りが一気に加速し、NYダウは、下落に転じてしまう。

後半、プラスになる局面もあったが、結局引けは、15ドル↓。大きな動きにはならなかった。

ムーディーズがトントンと調子を上げていた相場に対して水を差す格好となったわけであるが、何故、このタイミングで、このような発表を行ったのか。

何か意味があるのではなかろうかと、疑いたくなる。

相場に「もし、~なら」というのは無いのはよく解っているのであるが、昨日の雰囲気からすると、もし、ムーディーズの発表が無ければ、NYダウ100ドル程度の上昇は、可能性としては高かったと考えられる。

平穏無事な相場を形成し、来週に控えた国債入札を波乱無く、迎えたいという意図と昨日SQであったNY市場が大きな価格変化を嫌った意図を感じるのであるが、私の考えすぎであろうか。

現にナスダックは、19ドル↑。

CMEは、ドル建て9890円、円建て9830円と、イブニングセッションの引けとCME円建てでも同額である。

これには、為替レートが円高に振れたことも含みでの価格であろう筈なので、ある意味、買い正解であると思われる。

もし、この相場が、何らかの意図に基づいて形成されたものであったとすれば、昨日の手法は見事であったと認めざるを得ない。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。