スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/23 昨日のNYの動き

昨日の私のポジションは、見送りであった。


昨日のNYダウは、いきなり安く始まり、金融と資源セクターは大きく値を崩した。

中盤から後半にかけても、安値圏で進み、終了間際はさらに下げ幅が拡大した。

引けは200ドル↓となり、ガタガタになってしまった一日であった。

この下げの理由の最大の原因は、世界銀行の発表した今年の経済成長予測の見直し下方修正とされているようであるが、この、指標の発表は、日本時間の昨日の昼。

日経平均は、引け間際と、イブニングセッションでは、下落したが、この指標発表の後、大きく上げている。

この、アンバランスさには何か不可思議なものを感じている。

さて、私は、昨日の15時時点の見解でも記載したように「下がる」と思っており、大引けで、先物のショートポジションも持ったが、イブニングセッションで大きく下げたため、これ以上の下落は無いであろうという予測は出来ず、ポジションンの決済と、オーバーナイトは見送りを決めた。

本日から、始まる史上最大規模の米国債入札もあり、大きく下げても最大100ドル程度であろうと考えていた。

絶好のチャンスを逃してしまった感はあるが、相場はまだまだ続くので、これからこの程度のチャンスはいくらでもあるため、焦ることなどは一切無い。

また、どういうわけか、昨日は、各国の要人が多数、発言をしていることが報道されているようであるが、いずれも、ホワイトハウスまでもが、慎重な内容で株価引き下げに一役買っているように感じる。

本日から3日間続く巨額の米国債の入札、24日に発表されるFOMC結果などに何かとても大きな不安材料を残した形に思える。

ただ、この下げがこれから起こるイベントを上手く乗り切るための、シナリオの一部であることも考えられ、このままただ下がりを続けるとは思いにくい。
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物オーバーナイトシステムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

DOWJONES

Author:DOWJONES

過去の実績
システムトレードで良くある、いわゆる「バックテスト」ではなく、実際のトレード結果となっております(ラージ1枚当たり実績)。
2008年
  02月+400
  03月+1330
  04月+520
  05月+540
  06月+940
  07月+490
  08月+1330
  09月+250
  10月+390
  11月+2240
  12月+180
2009年
  01月+530
  02月+520
  03月+190
  04月+160
  05月-240
  06月+350
  07月+470
  08月+400  オフェンシブ
  09月+430    +750
  10月+290    + 80
  11月+250    - 70
  12月-100    ± 0
2010年
  01月+ 20    - 90
  02月-105    + 35
  03月+265    +215
  04月+185    +215
  05月- 35     +410
  06月-275     -175
  07月+190     -105
  08月+ 45     +180
  09月+ 15     - 90
  10月-135     -280
  11月+125     +295
  12月+105     +135
2011年
  01月+ 95    +535
  02月+ 85    +215
  03月+190    +515
  04月+ 70    +280
「バックテスト」の結果を教えてくださいという問い合わせが良く来るのですが、裁量トレードのため、過去の価格データなどからだけでは、バックテストをすることが出来ませんので、バックテストの結果を計算しようがありません。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。